ポルトガル2部オリベイレンセへの移籍の噂が過熱している元日本代表FW三浦知良【写真:Getty Images】

写真拡大

オリベイレンセのペレイラ監督「出場する価値のある選手だけがプレーすることになる」

 元日本代表FW三浦知良は1月16日、横浜FCから期限付き移籍していたJFLの鈴鹿ポイントゲッターズでの移籍期間の満了が決まった。

 ポルトガル2部オリベイレンセへの移籍の噂が過熱するなか、現地メディアも三浦の動向に脚光を当てている。

 “カズ”こと三浦は昨季、横浜FCから鈴鹿へ期限付き移籍。自身初のJFLでリーグ戦18試合に出場して2ゴールという結果を残した。三浦はクラブ公式で「私は新天地での新たな挑戦を選択いたしました」とコメント。今後の動向に注目が集まっている。

 そんななか、ポルトガルの現地紙「O Jogo」も三浦について言及。「火のないところに煙は立たない」と移籍の可能性を肯定的に捉えつつ、クラブを率いるファビオ・ペレイラ監督のコメントも明かしている。

「実現するか、しないかが確定するまでは、今いる選手たちと仕事を続けていく」ときっぱりと発言したペレイラ監督は続けて、「55歳の選手が来ても、20歳の選手と同じように扱われる」と三浦の加入が実現した際にも、年齢における“特別扱い”はしないと語った。

 指揮官は「出場する価値のある選手だけがプレーすることになる」と警告を発し、チームの勝利を目指すために最善を尽くす姿勢を誓っている。

 日本ではレジェンドの海外移籍の熱が高まっているが、三浦の向かうかもしれないチームでは激しい競争が待っていそうだ。(FOOTBALL ZONE編集部)