ドリフ世代の浜田にとって、志村さんは憧れの存在でもあった

写真拡大

 志村けんさん(享年70)の急逝から2か月。いまも数多くの追悼企画が続く。

【別写真】生前、バカ殿を演じる志村けんさん

 5月20日深夜には『浜ちゃんが!』(日本テレビ系)で志村さんの追悼番組を放送。MCを務める浜田雅功(57才)は、「(志村さんは)忘れてはいけない人間なんで」と言葉を振り絞った。

「志村さんと浜田さんのサシ飲みシーンが放送されたのですが、印象的でした。2003年に放送されたものなのですが、志村さんは、“DNAを残したい”“体が動かなくなるまで、お笑いをやっていたい”“最期は舞台の上で死にたい”など赤裸々に語っていた。志村さんがあそこまで語るのは珍しい。相手が浜田さんだからでしょうね」(テレビ局関係者)

 志村さんにとって、浜田は心を許せる数少ない後輩。2人には共通点があったのだという。

「志村さんほどの大御所になると、どうしても収録現場で“まつりあげられる”ことが多くなってしまう。お笑いに貪欲な志村さんは、それをすごく嫌っていた。浜田さんもそうなんです。浜田さんは志村さんにも平気で頭を叩いてツッコんでいた。“上に立つ人の寂しさがわかるから”と話していたこともあります。志村さんもそんな浜田さんのことを、“おれに手を上げるのは、浜ちゃんだけ”“叩かれて許せるのも、浜ちゃんだけ”とうれしそうに話していました」(前出・テレビ局関係者)

 そんな浜田にある期待が持ち上がっている。志村さんが魂を込めて作り上げていた『バカ殿』の後継者だ。

『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)は、1986年の放送開始以降、年1〜4回の放送を34年間続け、今年1月までに97回放送。その後継者「2代目バカ殿」に浜田を推す声があるという。

「志村けんさんの番組や作品を、1つでも継続させたいという仲間たちやファンの声は日に日に高まっています。沢田研二さん(71才)が映画『キネマの神様』の代役を買って出たのもそういったことでしょう。そんななか『バカ殿』を続けてほしいという声は大きい。

 浜田さんは『バカ殿』に過去3回ゲスト出演しているうえに、うち1回はバカ殿の衣装を着て、“偽バカ殿”で爆笑をさらっている。制作サイドとしては、志村さんの熱意を引き継いで、少なくとも100回まで放送したいと思っている。その際の『2代目バカ殿』に適任なのは浜田さんしかいないといわれています」(前出・テレビ局関係者)

 浜田なら、志村さんも「だいじょうぶだぁ」とうなずきそうだ。

※女性セブン2020年6月11日号