上西小百合

写真拡大

 元衆議院議員の上西小百合(36)が23日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)に出演し、議員時代に見聞きした議員同士の不倫や、自身が受けたセクハラ行為について話した。

 上西は国会議員の恋愛について聞かれ、「はっきり言って絶望しますよ」と前振り。既婚者同士の「ダブル不倫が横行している。モラルハザード状態です」と固有名詞こそ明かさなかったが明言した。

 また、自身が被害にあったにあったセクハラ行為についても聞かれ、「重鎮議員から『何かあったら俺が助けてあげるからね』とか。ひどい議員だったら足とか触ってきたり」と振り返った。

 MCの次長課長・河本準一が「それはダメじゃないですか」と驚くと、上西は「やめてくださいと上手にいなして、いなして」と大変だったと述べた。

 上西は第46回衆議院選挙に大阪7区から立候補して初当選。第47回の衆院選にも当選した。