2016年の大阪4人殺傷事件、被告の上告を棄却 懲役30年が確定へ

ざっくり言うと

  • 2016年に大阪府で起きた門真4人殺傷事件で、殺人などの罪に問われた被告
  • 最高裁第2小法廷が上告を棄却し、二審判決の懲役30年が確定することに
  • 被告は妄想型統合失調症と診断され、当時は心神耗弱状態だったと認定された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x