脂肪がメキメキ燃える“痩せやすい体”に。ダイエット効果抜群【薄いお腹】を作る簡単習慣

写真拡大 (全5枚)


ぽっこりとしたお腹、姿勢の崩れ、疲れやすさ。これらが気になっている方は“インナーマッスルが弱まっている証拠”の1つです。全身の筋肉の中でも身体の深層部に位置するインナーマッスルは、内臓の位置を正しい位置に戻し、姿勢を正しく保つために重要な筋肉。そこで習慣に採り入れたいのが、お腹全体の引き締めと代謝UP効果を狙えるピラティスの簡単エクササイズ【ハンドレッド】になります。

▶︎お腹周り&背中のハミ肉予防に◎ 美シルエットな【ほっそりボディ】に導く簡単習慣

 

【ハンドレッド】

お腹とインナーマッスルを鍛えるピラティスの基本エクササイズで、動きは小さくシンプルですがお腹全体の筋肉とインナーマッスルへの効果は絶大。ちょっと行うだけで体がポカポカするほど全身の血行を促す効果もあるので、ダイエットの強い味方になります。

 

(1)仰向けに寝て両足を揃え、両腕は手のひらを上にして体の横に置く



 

(2)鼻から息を吸い、口から息を吐きながら、骨盤をやや後に倒してお腹に力を入れて凹ませる



 

(3)両膝をお腹に近づけ、膝の位置をキープさせたまま両腕を上げて前ならえの状態になる



 

(4)頭を上げ、腕を上下に細かくバウンドさせる



▲鼻から息を吸いながら5回バウンドさせた後、口から息を吐きながら5回とバウンドさせます

 

これを“1日あたり5セットを目標”に行います。なお、腕をバウンドさせている最中は「腰が反ってくる」、「膝が開いてくる」などが起きてしまいがちですが、「必ず背中を床につけていること」、また「両膝を常にくっつけていること」を心がけながら実践してください。また、慣れないうちは目標回数を行うことよりも「骨盤を安定させ、正しい姿勢を行うことを優先」しましょう。

お腹周りの贅肉が気になっている方はもちろん、代謝が下がってなかなか痩せにくくなったと感じている方にもオススメのエクササイズです。ぜひ実践して、スッキリと薄いお腹と痩せやすい体を作っていきましょうね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>