日本の「国葬」の様々な問題点を、前編記事「【もはや“酷葬”】警備だけで35億円、杜撰な招待状、トランプもメルケルも来ない…国葬のウソを全部暴く」に引き続き紹介する。警備費以外も膨らむ安く試算されているのは警備費だけではない。要人をもてなすための「接遇費」も、何倍にも膨らむ可能性がある。「岸田総理は約6億円と発表しましたが、明らかに安すぎます。来年5月に広島で開かれるG7サミットでは、接遇費などとして外務