大河内志保

写真拡大

 モデルの大河内志保(49)が19日、朝の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演。プロ野球・阪神、日本ハムや米大リーグで活躍した新庄剛志氏(48)との離婚について、真相を語った。

 大河内は「別れることが彼の幸せなら、望む通りにやってあげるべきかなと思った。彼は日本の財産。自分だけのものだと所有する気持ちでいたらダメ、大勢の方に愛されて私ひとりのものではないという自覚が、交際中からあったので。付き合い始める時からの覚悟が、別れる時まであり、信念が一緒だった」と話し、離婚はあくまで新庄の気持ちを尊重したものだと説明した。

 大河内は美貌と抜群のスタイルを買われて1990年にJAL、92年にクラリオンのキャンギャルに選ばれ、グラビアを中心に活躍。93年から、阪神の若き主力として人気が急上昇していた新庄氏と交際し、同せい生活を経て2000年に結婚した。

 メジャー移籍後も夫を支えたが、新庄氏は07年にメールで一方的に離婚を伝えてきたという。一般的には受け入れがたい身勝手な行為に映るが、大河内は15年に及ぶ付き合いの中で、牘宙人瓩箸盡討个譴訖珪瓜瓩瞭汎辰弊こΥ僂鰺解していたため、黙って身を引いたようだ。

 離婚後、「連絡は全く取っていない」とか。来月のトライアウトを受験してNPB復帰を目指す元夫に対しては「プロにはなれるだろうけど、一番大事なのは結果ではなく、彼がまた挑戦しようと思った気持ち。挑戦しようと思って努力を続けていることだけで成功なのでは」とエールを送った。

 現在、フードスタイリストとして、食事を通し美と健康を伝えている大河内は、著書「人を輝かせる覚悟」(光文社)を出版し、新庄氏との秘話を明かしている。