イメージ(写真提供:写真AC)

写真拡大

「女手一つで子育てしながら、6年で1000万円を貯めた」と話題を呼んだ小松美和さん。「生活のムダはお金を捨てているのと同じ」を信条に、マイホームを持つという夢を叶えるまで続けた節約テクニックとは(構成=上田恵子)

* * * * * * *

借金を抱えた夫に、「離婚して」と土下座

私は現在、節約術を紹介するサイトを運営しているほか、地元・福岡を拠点にテレビやラジオ、セミナー等で節約研究家として活動しています。数々の節約が実り、家を買うという目標を達成しましたが、32歳で離婚して以来、4人の子どもたちを育てながら、の貯蓄でした。

結婚したのは、高校を卒業して働いていた22歳の時です。夫は、4歳上の自営業者。収入に多少の波はありますが、生活には余裕があったので、家にいてほしいと望む九州男児の夫に従い専業主婦になりました。その頃の私は、ブランド物をたびたび購入するような、節約生活とは無縁の主婦でした。

子育てに追われながら10年が過ぎた頃、思い切って一軒家を買おう、という話が夫婦の間で出ました。当時住んでいたのは3DKの団地だったので、子どもたちを庭のある家でのびのび育てたいと考えたのです。

そんな矢先、夫に300万円もの借金があることが発覚。原因はギャンブルと浮気でした。しかも複数の消費者金融から借りていることもわかり、何も知らなかった私は唖然……。もはや家を買うどころではありません。

夫は毎月10万円をローンの返済に充てていましたが、かなりの額が利息で消えてしまうため元金が減らない。夫婦で揉めることが増え、暴力もふるわれるようになったので、「子どもに見せられない」と離婚を決意するに至ったのです。

夫には、2度の離婚歴がありました。2人の前妻に慰謝料や養育費を支払っていなかったということは、今後の援助は期待できません。そこで「借金を返すには、2人で働いたほうが早いと思う」と言いくるめ、100万円を貯めることを目標に、コンビニでパートを始めました。

その時、私の手元にあったのは50万円の貯金のみ。半年働いて残りの50万円が貯まるとすぐ、夫に「離婚してください」と土下座をして頼みました。さすがに抵抗できなかったのか、受け入れてくれましたね。

家を出る夫が、アパートを借りて一から家財道具を揃えるのは大変だろうと、結局、50万円を渡して送り出しました。友人には「意味がわからない。全部自分で使えばいいのに」と呆れられましたが、もとはといえば、彼が稼いだお金から貯めたもの。自分の力で貯めた50万円だけでやっていこう、と思ったのです。

2億円の契約もコツコツ取って

すぐに職探しを始めました。けれど10年もブランクがあるうえ、パソコンのワードやエクセルも使えず、簿記の資格もない私は、何社面接に行っても不採用。当時、子どもたちは上から小学5年生と3年生、保育園の年長と年少と、まだまだ手が掛かる年齢だったので、働ける時間も限られていました。

建設会社の契約社員として採用されたのは、離婚から2、3ヵ月が過ぎた頃。親切な部長さんが、事情を知ったうえで雇ってくれたのです。9時から5時の事務職で、月給は手取り13万円。加えて、月換算で約7万円の児童手当と児童扶養手当が振り込まれます。

団地の家賃と駐車場代は各数千円でしたし、児童扶養手当を受けているひとり親家庭は給食費などを含めた就学援助も受けられるので、生活を切り詰めればなんとかやっていけました。

食費は2万円以内、光熱費は1万円以内に抑え、末っ子のおむつや私の化粧品は試供品をもらったり、三輪車などの大物は懸賞で当てたり。節約生活の目標は、一度は諦めた庭付きの戸建てを買うことにありました。

でも、節約と生活費のやりくりだけではなかなか貯金が増えません。そんな時に友人から勧められたのが、「実践した節約術を、ブログで紹介してみたら?」というものでした。

苦手なパソコンに向き合い、奮闘すること数ヵ月。操作に慣れ、紹介できる節約術が増えてからは、自分のサイトで商品を紹介し、そのクリック数や購入実績に応じて報酬をもらうアフィリエイトでお小遣い稼ぎも始めました。

節約紹介でメディアに登場するようになると、サイトに1日4万アクセスくらいあったので、それに伴い毎月の貯蓄額はグングン増加。気づけば多い月で10万円近く貯金できるようになっていました。

その頃、生命保険の法人営業の仕事に就きました。なんとか結果を出そうと、昼休みも使って営業先にご挨拶回りをしましたが、最初の3ヵ月は契約ゼロ。半年が過ぎ「このまま契約が取れなければクビになってしまう」と焦っていたある日、営業先の社長さんが「小松さんは、いつもマメに顔を出してくれるよね」と、2億円の法人契約を結んでくれたのです。これには私以上に会社がビックリ(笑)。一気にお給料もボーナスもアップし、気がつけば、福岡支社のトップ10に入る営業マンになっていました。

仕事自体は順調だったものの、公私ともに忙しくなりすぎて体調を崩してしまい、保険会社を退職。何度か転職を経て、今は節約研究家だけで生計を立てています。

念願だった一軒家を購入したのは、離婚して6年が過ぎた38歳の時。貯金が1000万円になったのを機に、現金一括払いで買える庭付き中古物件を手に入れたのです。それは、なんと実家の隣! これも何かの縁としか思えませんでした。

購入した当時、庭は荒れ放題で草ぼうぼう。部屋の造りも、今風に変えたいなと思うような古臭いものでした。そこで登場したのが実家の父。離婚しても実家を頼ることのなかった私や孫が、隣に越してくるのが嬉しかったのでしょう。

お風呂場の床の張り替えに始まり、勝手口の階段の補修やブロック塀のリフォームまで、すべてDIYでやってくれたのです。しかもひと部屋増築まで! プロに頼んだ部分は、壁の塗り替えくらいだったと思います。父には感謝の気持ちしかありません。

こうして、子どもたち1人1人に部屋を与えてあげられるようになったし、家族でバーベキューが楽しめる庭も持てた。私も頑張りましたが、子どもたちはそれ以上に頑張ってくれたと思います。

いまや、上の子も23歳になりました。上の3人はすでに働いていて、毎月家に3万円ずつ入れてくれていますから、さすがに私も「シャワーのお湯はチョロチョロ出してね」などといった細かいことは言いません(笑)。そのお金は彼らの将来のために積み立て中。いつか必要になった時に渡すつもりです。

お金を生む方法を考える時代になった

私が節約生活をするうえで、家族に協力を仰いできたことは、ざっとこんなことです。

●節約は、必要に迫られてするのではなく、「習慣」にする
●水や電気、ATM手数料など、「ムダに気づくクセ」をつける
●「せいぜい数百円」と思わない。それはお金を捨てていること
●物を捨てる時は、「あと1回」使い道がないか考える
●節約は、メリハリが大事

最後の項目は、節約生活を継続するうえで、実はとても大事なことです。私は気持ちがすさまないよう、お金をパーッと使う日を設けて、家族全員で贅沢するようにしていました。たとえば実家の両親や弟も誘って食べ放題の店に行くとか、旅行に行くとか。人数も多いですから、その日は数万円単位でお金が飛んでいっても気にしません。

このメリハリ作戦は、子どもたちのモチベーションを高めるのに大いに役立ちました。「○万円貯まったら○○へ行くよ!」と宣言しておくと、全員がゲーム感覚で競いながら節約してくれるのです。

目標金額を貯めては、海外旅行にも行きました。高齢の両親がいるため、どうしても韓国や台湾などの近場になってしまうんですけどね。次は「ハワイか豪華客船の旅がいいなあ」とウキウキしているのですが、最近は子どもたちのほうが忙しく、全員の予定が合う日がなくて。うまくいかないものですね。

家計が落ち着いた今も引き続き節約は続けていますが、少し方法が変わってきました。最近ではほとんど現金を使わないので、おつりをコツコツ貯めることもしません。代わりに実践しているのが、iDやPayPayなどの電子マネーを使ったポイント集め、通称“ポイ活”です。

提携している店で買い物をすると、条件が合えば15%還元されることもあるので、現金で支払うより断然おトク。不用品はメルカリやPayPayフリマなどで売り、売上金も電子マネーとして使います。

長年の節約生活で痛感したのは、「節約には限界がある」ということでした。もちろん、水や電気をムダにせず、年間数千円浮かせることは基本中の基本。でも今の時代、節約するとともに、自分の力でしっかり稼がないと。

私も苦労したことですが、一度家庭に入った女性が月給20万円を超える仕事に就くのは、本当に難しい。だからこれからは誰かに雇われるだけでなく、自分自身でお金を生み出す方法を「考える力」が必要なのだと思います。

私もまだまだ夢の途中。引き続き楽しく節約生活を続けて、夢を叶えていきたいです。