三木谷浩史・楽天会長兼社長

写真拡大

 3980円以上の買い物は送料無料、ただし負担はテナント側に――。楽天市場が導入しようとしているこんなサービスへの反発が原因で、10月中旬、「楽天ユニオン」が結成された。つい最近も、楽天カードで一部サービスが使えなくなる不具合や、楽天Payが利用できない障害が2度発生。トラブルが続く楽天の綻びを、フリージャーナリストの角田裕育氏が取材した。

 ***

 ユニオンには現在、約400のテナント業者が参加している。代表の勝又勇輝氏が言う。

「送料無料の件以外にも、“扇情的な文言の禁止”などのルールに従わなければ最大で300万円もの罰金を求められ、退店させられる点なども問題視しています。当面の目標は、約4万5000のテナント業者のうちのおよそ4分の1、1万1000の署名を集めることです。送料無料は来年3月から始まるので、それまでには達成したい。また、独占禁止法違反で公正取引委員会に調査を求めました。集団訴訟も考えています」

三木谷浩史・楽天会長兼社長

 テナントに対して強く出る楽天の姿勢は、取り交わす契約にも見てとれて、

〈甲(楽天株式会社)は、必要と認めたときに、乙(出店企業)へ予告なく本規約および本規約に付随する規約の内容を変更することができる。〉

〈本規約または本規約に付随する規約の変更については(中略)乙が出店を継続した場合には、乙は新しい規約を承認したものとみなし、変更後の規約を適用する〉

 とある。わかりやすく言うと、楽天側の胸三寸で、テナント側との契約内容をいつでも一方的に変更することができる、ということだ。

「弁護士資格を持つ国会議員に相談したところ、『こんな酷い規約があるなら、自分なら提訴する。これは国政でも取り上げるべきだ』とアドバイスされました。政治家への陳情活動も行っていきます」(同・勝又氏)

 ユニオンの広報的な役回りを担う木村隆氏(仮名)も、志を同じくするひとりだ。

「ウチは配送料無料になっても、商品の販売価格を値上げすることで乗り越えることはできます。余所さんもそうかもしれませんが、楽天のやり方に怒りを覚え、ユニオンに参加しました。配送料無料を実現すれば、楽天ユニオン加盟者のうち8〜9割ぐらいは楽天市場から脱退する構えです。そうなると楽天市場そのものも、いずれ立ち行かなくなるでしょう」

 現状、楽天はテナント結成について、「今後も出店者の個別のご意見に真摯に耳を傾け……」とメディアにコメントするのみ。ユニオン参加テナントへの制裁などは行われていないが、

「正直、店の売上の6割ぐらいは楽天に依存しています。楽天に取引を停止されるとなると痛い……」

スピード! スピード! スピード!

 楽天の前身「エム・ディー・エム」が設立されたのは1997年の2月。その3カ月後には楽天市場はスタートしている。00年頃に参加していた元楽天テナント業者は、当時から“テナントいじめ”の風潮はあったと振り返る。

「ただ、いまのように社会問題化するほどではありませんでした。楽天が我々に強気に出るのは、ネット通販という特別な事情もあると思います。そこが“リアル空間”のテナントとの違いですね」

 スーパーやデパートとは異なり、顔を合わせることなくテナント契約は解除できる。空いた“土地”に次の店が入るかどうかという心配も、ネット通販であれば基本的にない。必然的に、テナントは楽天に対して立場は弱くなってしまうというわけだ。

 では、楽天の内側はどうなのだろう? 同じECサイトでも、Amazonについては、過酷な労働実態がメディアで報じられているが……。楽天の技術畑で働いていた元社員は、基本的には古巣に“好意的”だ。

「2010年に三木谷さん(浩史・会長兼社長)が打ち出した社内英語公用語化などは、社内外から批判されましたね。けれど、長期的には成功だったと思います。変な根回しなど日本的なやり方がなくなり、海外の情報も入りやすくなりましたから」

 ただ、こうした取り組みに振りまわされているフシもあるようで、

「昨年、『楽天モバイル』を設立し移動体通信事業者に参入したことで、新人は配属先に関係なく、基地局を増やす業務をさせられています。昨年末には1万7000人だった従業員数も、今年になって1万9000人と急激に増えました(9月時点)。社員の人材管理を担うマネージャー職の負担が増えすぎ、逆にマネージャーが辞めていくという事態になっていると聞きます。また、社内英語公用語化によって、およそ5000人の外国人が働いています。私が楽天を辞めたのは、外国人従業員とのやりとりが下手で、力を発揮できないと感じたから。とにかく『スピード! スピード! スピード!』がモットーの会社なので変化が激しすぎる。短期間で違う会社みたいになってしまうんです……」(同・元社員)

 携帯電話や電気、ペイ事業もはじめるなど、イケイケドンドンの拡張路線で楽天は成長してきた。だが、スピードを求めすぎて弊害も起きつつある。何より会社の根幹である楽天市場には、テナントの不満がうずまいている。創業から22年が経過した現在、徐々に綻びが見えつつあるようだ。

角田裕育(すみだ・ひろゆき)
ジャーナリスト。兵庫県神戸市出身。北大阪合同労働組合青年部長、ミニコミ誌記者などを経てフリーに。著者に『セブン-イレブンの真実〜鈴木敏文帝国の闇〜』(日新報道)、『教育委員会の真実』(宝島社)。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年12月2日 掲載