13日午前9時の予想天気図。

写真拡大

13日(金)は、西日本から東日本にかけての太平洋側で雲が広がりやすく、雨が降る所もあるでしょう。その他の地域では晴れる所が多そうです。

一方で、台風15号は関東に爪痕を残していきましたが、今度はフィリピンの東で台風16号が発生する見込みです。この台風の予想にはまだばらつきがありますが、ゆっくりと南西諸島へ向かう可能性があります。さらに来週のはじめ頃、この台風から分かれた低気圧が関東に接近する計算もあり、再び影響があるかもしれません。

また熱帯域には、台風の卵である積乱雲の塊が多数あり、また別の台風が発生する可能性もあります。最新の情報に注意してください。

(気象予報士・吉澤 巧)