マライア・キャリーも告白「双極性障害」の診断名が流行した背景

ざっくり言うと

  • マライア・キャリーが治療を受けていたと告白した「双極性障害」
  • 診断名が1990年代以降に流行したのは、製薬企業の戦略だという話がある
  • 症状が軽いうつ病の患者も双極性障害と診断すれば薬が売れるためだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x