多くの猫を保護しているNPO法人『ねこけん』には、病気や障害を抱えた猫もいる。その中でも初めてのケースだったのが、骨盤のない子猫「モズク」だ。動かない2本の後ろ脚と発育不足の小さな体。本当にこの猫は生きていけるのか、幸せになれるのか…。その不安がブログに書き込まれてから9ヵ月。モズクの身には意外な展開が起こっていた。代表理事・溝上奈緒子氏に話を聞いた。【ビフォーアフター】そして9ヵ月後…「で、でっか!