1988年、埼玉県の路上で女子高生が拉致され、40日間にわたって足立区綾瀬で監禁されて暴行・強姦を受け続け、死亡した。『週刊文春』取材班がみた被害女性の父親の背中には、怒りと絶望と悲しみがあった--。※本稿は、松井清人『異端者たちが時代をつくる』(プレジデント社)の第5章「『実名報道』影の立役者」の一部を再編集したものです。写真=読売新聞/アフロ1988年、女子高生の遺体がコンクリート詰めで捨てられていた江東