34年連続の箱根駅伝出場を逃した山梨学院大 主将は「頭真っ白」と呆然

ざっくり言うと

  • 26日に開かれた「箱根駅伝予選会」で、山梨学院大は17位に終わった
  • 34年連続の本戦出場を目指して臨んだ大会だったが、出場権獲得はならず
  • 主将は「何を言っていいか分からない。頭の中が真っ白」と言葉を絞り出した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x