これまで幾度となく優勝候補に挙げられながらも、箱根駅伝で結果を残せずにいた東海大。昨年も大きな期待を集めながら、総合5位に終わってしまった。しかし、そんななかでも光った走りを見せたのが、当時2年生の中島怜利(れいり)と館澤亨次(たてざわ・りょうじ)のふたりだった。昨年の箱根駅伝終了後、『web Sportiva』で「敗れた東海大で光った6区、8区は、次こそ箱根初優勝の布石となるか」と記事を配信し、中島、館澤