実証実験が行われている「NEXT21」と居住者に使われているスマホアプリ

写真拡大

 マンションでは古くから「シェアリング」が導入されてきた。大規模物件を中心にゲストルームやキッズルームなどの共用スペースは当たり前のように設置され、今ではカーシェアやサイクルシェアなども一般化している。スペースやモノに関わる維持管理の費用負担などを“集まって暮らす”住人たちがシェアすることで、必要なときに必要な分だけ利用できる。それならば、住人それぞれが持つ時間やスキル、モノも同様にシェアできるのではないだろうか。それを促す仕組みは住人同士の交流を活発化し、より豊かなマンション暮らしを後押しするのではないか―。

 こうした仮説を検証する実証実験が、大阪市天王寺区にある大阪ガス実験集合住宅「NEXT21」で5月に始まった。近未来のマンションの在り方を模索する阪急阪神不動産(大阪市北区)が、大阪ガス(同中央区)の協力を得て12月まで実施する。約10世帯の家族が自身の持つ時間やスキル、モノをシェアする生活を続けている。(取材・葭本隆太)

●大阪ガス実験集合住宅「NEXT21」:近未来の都市型住宅のあり方を模索し、新商品の企画開発に生かすために1993年に建設した。68年に建設した「東豊中実験住宅」や85年に建てた「アイデアル住宅NEXT」の役割を引き継いだ。その時々の実証テーマに適した大阪ガス社員とその家族が3−5年、実際に暮らす。これまでにNEXT21での実証を経て「自動洗浄風呂」(ノーリツと共同)や「フラットコンロ」などが商品化された。また、多様な知見を得ることを目的に他業種にも実証フィールドとして提供している。直近ではNTT西日本が顔認証システムによる入退管理などを実証した。今後はZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)をテーマにした実証などを予定している。

「植栽の水やりをお願い」
 「夏休みに家を数日空けるので玄関先の植栽の水やりをお願いできませんか」「珈琲豆を買ったらわが家にあるグラインダーで挽きますよ」―。NEXT21に暮らす住人たちの間ではこんなやりとりが交わされている。スマートフォンアプリ「グッドタイミング」を活用し、住人がスキルやモノの要望や提案を登録するとアプリ上にその内容が掲載される。それを別の住人が閲覧し、応募して条件が合うと成立する流れだ。モノやスキル、時間のシェアリングは有料で最低500円で取引する。

 阪急阪神不動産の住宅事業企画部に所属する茺岡祭課長補佐は「実証実験ではシェアのやり取りが複数出てきています。高齢者単身世帯の増加など(今後の社会環境の変化)を踏まえればマンションの住人同士が困りごとを家族のように手伝い合える環境は大事。(それと親和性が高い)シェアの仕組みは欠かせないものになると思っています」と力を込める。

一棟まるごとHOMEな集合住宅/イラスト:イスナデザイン(一瀬健人 + 野口理沙子)
 阪急阪神不動産は2017年に社会環境の変化やテクノロジーの進化を踏まえて近未来の集合住宅が提供できる価値を模索し、商品開発に生かすためのプロジェクトを発足した。社内に部署横断チームを結成し、富士通デザインなど外部機関とも連携して検討を進めた。約1年の議論を経て18年夏にまとめたコンセプトが「一棟まるごとHOMEな集合住宅」。その要素の一つが「シェアリング」だった。

 茺岡課長補佐は「マンションには多様な人が住んでおり、各人がいろいろなスキルやモノを持っています。それを互いに使い合うことで居住者同士の良い関係が生まれ、暮らしが豊かになると考えました。我々は居住者同士の交流を促すため新築分譲時にはイベントを開きますが、それ以降(に我々ができること)はなかなかありません。継続的にコミュニティーを活性化する手段としても有効だと思いました」と説明する。