15日に“文化系プロレス”DDTのビッグマッチが東京都・大田区総合体育館で行われた。中でも注目を集めたのが、異色カードだったアイアンマンヘビーメタル級王座をかけた時間差入場バトルロイヤル。DDTの選手たちに加えてレジェンド・プロレスラーの越中詩郎らが参戦したこの一番で、圧倒的な存在感を放ったのがお笑いタレントのクロちゃんだった。

 クロちゃんは出場にあたり「ギャルと闘いたいしん」とDDTに要求を突きつけており、これに応える形で出場が決まったのは、東京女子プロレスで活躍する“パリピ”レスラーこと上福ゆき。上福は一昨年夏から参戦する傍ら、“日本一の美女レスラー”としてグラビア活動なども行っている。一方のクロちゃんは事前の記者会見で試合でのヒザ舐め、さらに「どこを舐めて欲しい?」とギリギリ発言で上福に迫っており、その行方が注目されていた。

 一定時間ごとに選手が次々と入場して集団で闘う特殊な形式で行われた試合では、クロちゃんが「宣言どおり」にヒザ舐めを敢行。上福は試合直後の会見で「正直、生理的にほんとに苦手で、このコスチュームお気に入りなんですけど、ベロベロ舐められちゃって……ほんとに嫌ですぐ洗いたい」と報道陣に漏らした。しかしその後、やや落ち着きを取り戻した上福に改めて話を聞くと、先ほどとは打って変わって意外な本音を語り始めた。

「やっぱりクロちゃんの体毛は無理だけど……身体は大きくてカッコよかった。見た目とか職業ではなく、クロちゃんの女性に対するアプローチを考え直せば、嫌われるばかりの人生ではなくなるのでは、とは思いました」

 思いの外、クロちゃんに対して肯定的に切り出した上福はさらに、“パリピ”レスラーと言われ続けたこの間を振り返って次のように続けた。

「デビュー当時は、プロレスファンの方から『早くやめろ』『売れないグラドルの腰掛け』など言われていて、紙テープも応援というよりは、どこかゴミを投げつけられている感覚だった。そんな私を東京女子の先輩方は長い目で、褒めて伸ばしてくれた。その優しさに報いるためにも、ムカつくファンを見返してやろうという反骨心でやってきました」

 とはいえ、プロレス初心者であったことは事実。そのことは本人も重々承知しているが、だからこそ芽生えた思いもある。

「ド素人だった私がプロレスに興味を持ってのめり込んだように、誰かがプロレスに興味を持つきっかけになれれば嬉しい。女子プロレスと聞くとゴツいとか男っぽいとかダサいみたいに思われがちだけど、その辺の女子よりもスタイルが良い自信はあるし、努力もしている。女子プロレスラーというレッテルだけで判断して欲しくない。しっかりと先輩のようにカッコいいプロレスをできるようになって、舐めるとか、セクハラ発言など、プロレスというよりも芸能ネタとして勝負しているクロちゃんとも、正々堂々とプロレスで勝負ができたらいいですね」

 直後「何だか私、超エラそう(笑)」とアツく語ったことを恥ずかしがった上福だが、プロレスラーとして成長するために、今ではすっかり“パリピ”のイメージとは異なる生活を送っているようで……。

「東京女子に入ってからというもの、パリピ的なことはもちろん、男性とのそういうことも全くない。そうして今まで頑張って来たのに、リング上で脚を舐められるし……今夜どうしていいかわからないですよ。別にクロちゃんがタイプなわけじゃないけど、久々に男性とヘンなことになって、『あぁ、こんな感覚あったな』と懐かしい感じもしたし、(クロちゃんに)久々に男を感じてしまいました。このまま今晩、寝られるかが心配です……」

 この二人の争いに続きはあるのか? 昨晩、しっかり眠ることができたのかと同じく、気になるところだ。

(C)AbemaTV
【見逃し視聴】
美女レスラー・上福、クロちゃんに舐められ「久しぶりに男を感じた」