結婚することになったけれど、きついお局さんがいるので言うタイミングを見計らっているという女性もいるでしょう。お局さんが独身の場合、結婚することに対して嫌みを言われるということもあります。

お局さんがみんな嫌味を言ってくるわけではないですが、気難しいお局さんの場合注意が必要です。そこで、結婚報告をしたときにお局に言われた嫌な言葉について紹介します。心の準備をするために、どんなことを言われる可能性があるのか知っておきましょう。

■「いつ辞めるの?」

結婚報告をした後で、おめでとうといった祝いの言葉すらなく「いつ辞めるの?」と聞かれたことがある女性もいます。結婚するからといって辞めるとは限りません。それなのに、辞めること前提で会話をされたことに驚いてしまうこともあります。

結婚するんだったらさっさと辞めろと言われているようで腹が立つこともあるでしょう。辞める予定が無いのであれば、毅然とした態度で辞めませんと伝えましょう。笑いながら、今時結婚したからといって辞めないですよと伝えるのもアリでしょう。

■「結婚式には参加しない」

結婚報告をした後で、「結婚式に参加するつもりはないから」と言われて驚いてしまったという女性もいます。招待状を送るつもりであっても、送る前に言われるのは気分が悪くなります。

そもそも呼ぶつもりなんてなかったということがほとんどでしょう。招待されるつもりでいたことに衝撃を受けますよね。辞めることが決まっているのであれば、呼ばないので大丈夫ですなどと言ってしまってもいいでしょう。

■「浮かれて邪魔しないで」

まるでミスをすると言わんばかりの物言いで「浮かれて仕事の邪魔をしないで」と言われた女性もいます。結婚するからといって仕事には影響与えるつもりはないとイラっとすることもあるでしょう。どんな嫌味だよと感じることもありますよね。

結婚したくてもできないお局さんは、結婚する人に対して強く当たることがあります。自分は結婚できないのに先を越されて悔しいという思いがあるお局もいるのです。腹が立つけれど哀れに思うのであれば、気を付けますと言っておけばいいでしょう。

■「この時期は休まないでね」

結婚式の後で新婚旅行に行くというカップルもいますよね。長期休暇になるので先に上司に報告をしておいて許可を貰ったから旅行を予約するということもあるでしょう。それなのにお局から「この時期は休まないで」と言われるとイラっとしてしまいます。

文句を言いたいだけのお局の場合、忙しくもない日にも関わらず文句を言ってくるということもあるのです。休暇の決定権がお局に無いのに勝手に言ってくる場合、適当に返事をして無視しておきましょう。

■言われたら言い返してしまおう!

職場だからとお局の言うことに対して普段我慢しているということもありますよね。

仕事内容で揉めるのは嫌だという女性も、結婚というプライベートなことで嫌味を言われたら言い返してしまいましょう。
(ハウコレ編集部)