多くの人が知らない解剖実習の衝撃実態 動物の権利を考える時代に

ざっくり言うと

  • 筆者は獣医学生のとき、牛や犬などで解剖実習をしたという
  • 実習犬は毎週、合計で8回も手術をされ、途中で死ぬこともあったそう
  • しかしいまは、動物の権利をしっかり考える時代になってきているとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x