「痛い思いをさせれば、いなくなると思った」

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 無抵抗な路上生活者に暴行を加えた理由は、あまりにも理不尽で身勝手なものだった。

 11月16日、東京都渋谷区で、住所不定の大林三佐子さん(64)が頭を殴られて死亡。5日後に近くに住む吉田和人容疑者(46)が傷害致死容疑で警視庁に逮捕された。


吉田和人容疑者 ©共同通信社

 凶行の現場となった渋谷区幡ヶ谷の「幡ケ谷原町バス停」は京王新線の幡ケ谷、笹塚の両駅から数百メートル離れたほぼ中間地点にあり、周囲にはマンションやオフィスビルなどが建ち並ぶ。夜明け前で人影もまばらな16日午前5時ごろ、「いつもいる人が倒れている」と近隣住民から警視庁代々木警察署に通報が入った。救急隊員らが駆けつけた時には、女性に意識はなく、病院に運ばれたものの死亡が確認された。

 亡くなったのは路上生活者の大林さん。目立った出血や外傷はなかったが、後頭部にこぶがあった。死因は頭に強い衝撃を受けたことによる外傷性くも膜下出血だった。警視庁捜査1課が主導し、近くの防犯カメラを確認すると、通報の約1時間前の午前4時ごろ、バス停のベンチに腰掛けている大林さんに近づく不審な男が映っていた。

「中年ぐらいの男が、持っていた白いレジ袋をいきなり大林さんの頭に1回振り下ろし、そのまま来た道を引き返した。大林さんは殴られた後、ベンチからずり落ちて仰向けに倒れた。袋の中には硬い物が入っていたのだろう。その直前にも数回にわたって大林さんの前を男が通り過ぎる様子が映っていて、事前に大林さんに狙いを定めて襲う機会をうかがっていたように見えた」(捜査関係者)

 チェック柄のシャツの上に黒いジャンパーを羽織り、キャップをかぶったマスク姿の男が現場周辺を歩くカメラの映像は、テレビのニュースで連日報じられた。捜査1課が足取りを追うと、現場から800メートル離れたマンションに住む男が浮上。21日からの3連休明けを逮捕の「Xデー」としていたが、連休初日の未明に男は母親に連れられて近くの交番に出頭してきた。逃げられないと観念したのか、あるいは、母親に説得されたのか。当時、交番には警察官が不在だったため、母親は代々木警察署に電話し、こう告げた。

「あの事件は息子が起こしました。息子は『あんな大事になるとは思わなかった。お母さんごめんなさい』と言っています」

「お金をあげるからバス停からどいてほしい」

捜査車両に乗せられ、代々木警察署に入る吉田容疑者は終始、正面を見据えていた。調べに対して「まさか死ぬとは思わなかった」と説明。捜査1課も殺意は立証できないと判断して傷害致死容疑で逮捕した。吉田容疑者は以前から大林さんの存在を認識していたようで、その日もレジ袋にペットボトルを入れて自宅から散歩に出かけた際、大林さんを見つけていた。散歩途中に中身を飲んだらペットボトルが軽くなったため、大きめの石を拾って袋に入れたという。

「前日の未明に『お金をあげるからバス停からどいてほしい』と頼んだが、応じてもらえず腹が立った。痛い思いをさせれば、いなくなると思った」

 吉田容疑者は動機についてこう語っている。

 吉田容疑者は自宅マンションの1階にある家業の酒店を母親と切り盛りしていた。近所の住民が語る。

「若い頃にいったん就職したけど精神を病んでしまって辞めたらしい。お父さんを3年ほど前に亡くしてからは、一生懸命働いてお母さんを守っていた。母親想いで真面目という印象だったので、まさかと驚いています」

「自宅のバルコニーから見える世界が自分の全て」

 一方で吉田容疑者にはクレーマーとしての一面も垣間見える。別の住民はちょっとしたトラブルに巻き込まれた。

「私が自宅用のテレビのアンテナを設置したら、吉田容疑者の気に障ったらしく、『自宅のバルコニーから見える世界が自分の全て。景色が変わってストレスだ』と苦情を入れられた。神経質で、夜間によく徘徊していましたよ」

 吉田容疑者は「ボランティアで街のゴミ拾いもしていた」という近隣住民の目撃談もあるが、大林さんは「自分の街を汚す異物」でしかなかったのだろうか。

 現場のバス停は、雨露をしのげる程度の屋根の下に、2人がけのベンチがあるだけだ。大林さんがどのような経緯でここにたどり着いたのかは明らかになっていない。近所の人たちが大林さんを見かけるようになったのは今年の春ごろだという。

「おかっぱ頭で身長は150センチくらいかな。バスの運行が終わった深夜に来てはベンチに座って仮眠して、始発便までには新宿方面に向けて立ち去る。周囲に迷惑をかけたくなかったのかな、トラブルは起こさなかったよ。通行人に『こんな所で寝ていたら風邪を引きますよ』と声をかけられても『大丈夫』と答えていたね」(近くの飲食店関係者)

 別の近隣男性は「キャリーバッグを引いていて、いつ見ても違う服を着ていたよ」と話す。上着や手袋、マフラーを渡そうとした人もいたが、受け取らなかったという話も聞こえてくる。

「身なりは綺麗で路上生活者には見えなかった」 

 大林さんが亡くなった時、「身なりは綺麗で路上生活者には見えなかった」(捜査関係者)というが、所持金はわずか8円だった。持ち歩いていたキャリーバッグと手提げカバンには衣類や食べ物などが詰められていた。

「捜査1課が大林さんの経歴を調べたところ、広島市の出身で、結婚した形跡もなく子どももいない。今から3年ほど前に東京都杉並区のアパートを退去し、スーパーマーケットの販売員を仕事にしていたが、それも今年2月に辞めたことがわかった。ただ、いつから路上で生活をしていたのか、どうやって生活費を得ていたのか。彼女の人生の大部分は謎のままだ」(捜査関係者)

 所持していた運転免許証は期限が切れており、記載されている住所には住んでいないため、捜査1課が大林さんの身元を特定するまでに事件発生から3日間を要した。最終的に、埼玉県に住む弟に大林さんの顔を本人で間違いないか確認してもらい、広島県内の介護施設に入っている母親にDNA型鑑定の協力を得ることになった。

 肉親2人にたどり着く手がかりの一つになったのが、大林さんの持ち物の中にあった名刺ほどの大きさで、親類の連絡先などがびっしりメモされていた1枚のカードだ

「弟とは10年ぐらい音信不通だったようだが、助けを求めるよりも迷惑をかけたくない気持ちの方が大きかったのかもしれない。所持品の中には、電源の入らない携帯電話もあった。メモもそうだが、『社会とつながっていたい』という思いがにじみ出ているようで、胸が苦しくなった」(捜査関係者)

 吉田容疑者が逮捕された日から、現場のバス停には大林さんの急死を悼む人たちが献花に訪れるようになった。大林さんの弟も訪れ、手を合わせたようだ。食べるものに困っていただろう大林さんを案じる思いが込められているのか、積み上げられた花束の側にはパンや温かいお茶も供えられていた。

「『邪魔だからいなくなって』という理由で殴ってよいわけがないんです。新型コロナウイルスの感染拡大で、今や誰もが生活困窮に陥るかもしれないと思うと、身につまされる。大林さんのような人たちにも寄り添える社会であってほしいです」

 献花にきた女性は涙ぐみながら語った。

(山本 和樹/Webオリジナル(特集班))