平成ノブシコブシの徳井健太が、10月30日配信のYouTubeチャンネル『Jookey』の動画『酒と話と徳井と芸人』で、テレビ出演のギャラについて語った。

 徳井はテレビ番組に出演するようになっても「実際、食ってくの厳しいよ」とコメント。

 続けて「それこそ、ウチの相方(吉村崇)ぐらいテレビ出てたらわからないけど。単価は人によって違うけど、深夜1(万円)、ゴールデン3〜5(万円)って考えると」とリアルな金額を明かした。

 1週間に深夜4本とゴールデン1本の番組に出演して、「それで(1週間で約)8万、月で(約)32万」とおおよそのギャラを告白。

「毎週深夜番組4本出て、ゴールデン毎週1本出て30万(程度)しかもらえないわけだから、テレビで食ってくって相当厳しい」

「リアルな金銭事情を明かした徳井さん。彼は26歳で結婚した際、借金が250万円あり、看護師をしている妻の貯金を使い果たしたというダメ男です。

 当時は『給料15万円で借金30万円返さなきゃいけない状況』だったそうです。ですが、徳井さんはその妻と今年春に離婚していたことを発表。『俺が(家を)出て行った』と明かしています」(芸能ライター)

 ボランティアのため、重機免許や「看取り士」の資格を取るなど、社会貢献に興味を持っている徳井。地上波だけでなく、AbemaTVで『WinTicket ミッドナイト競輪』のMCを担当するなどネット番組でも活躍している。