堀北真希(左)と山本耕史(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

茶髪のヤンママ化した堀北真希「電撃復帰」情報の信憑性

 俳優の山本耕史(43)と結婚し、惜しまれながらも芸能界を引退した堀北真希(31)に待望の復帰プロジェクトが浮上しているという。早ければ来年秋にも女優として本格復帰が取り沙汰されているのだ。

「所属事務所は山本の個人事務所になる予定です。現在はNHKと日テレからドラマの準主役としてのオファーが来ています。NHKは大河ドラマ。日テレは土曜ドラマです。もうひとつは映画。こちらは冷酷な殺人犯役でかなりインパクトある役どころになりそうです」(芸能関係者)

 さらに人気ドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)、来年4月放送予定の「半沢直樹2」(TBS系)からもそれぞれゲストとして出演オファーが来ているという。

「実は『ドクター』の次回シーズンから、そして、『半沢』にも夫の山本が出演する。一緒に妻の堀北を売り込んだようです。まあ、堀北はもともと、業界では演技力に定評があった。願ってもない話に断るプロデューサーはいなかったそうです」(制作プロデューサー)

 それしても不思議なのは、なぜいまこのタイミングなのか? 数々のメディアで話題になりながらも堀北は絶対に芸能界復帰については首をタテに振らなかったといわれていたのだが……。

「母親としてかつ、子育てに対してもかなりの自信が持てるようになったことが今回の復帰話につながっているようです」と証言するのは堀北を昔から知る制作関係者。実は今回の復帰話でチラホラと名前が出てくるのが夫である山本。堀北の芸能界復帰に対しても今回、背中を押したのは他ならぬ山本だったというのだ。

「山本は芸能界でも五指に入るイクメンなんです。今年3月に無事、第2子を出産しましたが、自分の仕事を半年近くもセーブして育児を手伝ったようです」(スポーツ紙芸能記者)

■目指すは夫婦共演?

 妻である堀北の芸能界復帰がいよいよ現実味を増すなか、夫の山本もセーブしていた俳優活動を完全始動させた。

「11月から日テレの新ドラマでキーマンを演じます。なんだかんだ言っても最終的に山本が狙っているのは夫婦共演なんですよ。なんでも時代劇映画の企画を自ら作り、スタッフを口説いているそうです」(事情通)

 夫婦共演を敬遠する芸能人カップルが多いなか、あえて勝負をかける山本&堀北。夫唱婦随の仲のよさがあってこそできることだ。