9月21日に、新潟県長岡市の国道の脇で71歳の男性が車にはねられ死亡した事故があり、警察の調べで、車を運転していた男が当時、スマートフォンを使っていたことが分かった。NHKニュースが報じた。

男は当初、警察の調べに対し「スマホを落として拾っていて、歩行者に気付かなかった」と話していたが、警察が通信記録を調べたところ、事故当時はスマホのアプリを起動していたという。

「ながら運転」で死亡事故か 新潟 長岡(NHKニュース)