8月4日に47歳の誕生日を迎えた鈴木蘭々が、7月31日、都内でバースデーライブを開催した。

【画像】今も当時と変わらない鈴木蘭々

「芸能生活30周年を機に、2018年からライブを開いていたが、コロナ禍で中断。3年ぶりの今回は自身の曲から洋楽のカバー曲まで、大人っぽい雰囲気で魅了しました」(音楽記者)


コロナ禍は猫との生活で乗り越えたという ©文藝春秋

スカウトの名刺は20枚ほど集まった

 中1の時に「松田聖子みたいになりたい」と原宿を歩いてスカウトされた蘭々。

「スカウトの名刺は20枚ほど集まったとか。本名の鈴木智子でモデル活動をした後、92年に岩井俊二監督のドラマで女優デビューを果たした」(芸能記者)

 転機は94年。子供向け番組「ポンキッキーズ」(フジ系)に安室奈美恵とウサギの着ぐるみを着た「シスターラビッツ」として登場すると、一気に大ブレイク。

「ボーイッシュなショートヘアと“不思議系”キャラでバラエティにも引っ張りだこに。95年には筒美京平作曲の『泣かないぞェ』で念願の歌手デビューも果たした。CMもローソンやチョーヤの『ウメッシュ』などが次々と決まり、96年に13社、97年は14社と2年連続“CM女王”にも輝いている」(同前)

 ところが人気絶頂の99年、マドンナ好きが高じて「あんなふうになりたい!」とニューヨークに留学。

「ダンスや歌のレッスンを受けて帰国後、LANLANと改名してアーティスト路線に。ただ事務所や世間はバラエティタレントの蘭々を求めたため、イメージのズレに苦しんだ」(同前)

 その後は演出家の宮本亞門に師事し、舞台に軸足を置いて活動を始める。

「酒井若菜や知念里奈などが緊急降板した際の代役を見事にこなし、『主演級を演じられる代打女優』の異名を取った」(演劇記者)

兄の逮捕後に事務所を退社。現在は…

 だが11年、兄が自宅で無許可のFM局を開設したとして、電波法違反容疑で逮捕されてしまう。

「蘭々も同局でトークしたことがあったため、芸能界での仕事がやりにくい状況に陥った」(前出・芸能記者)

 13年には所属事務所を退社。以降は表舞台から姿を消したように見えたが、実は14年に自身が開発した化粧品を販売する会社を設立。実業家となっていた。

「近年はSNSの発信も盛んで、化粧品の宣伝と共に『マイペースな感じで歌手活動も再開しております』とアピール。“前髪パッツン”の写真をアップすると、『昔と変わらず可愛い』と評判を呼んでいた」(同前)

 私生活では独身を貫く蘭々。インスタグラムには“同棲中の恋人”として2匹の猫との暮らしをアップし、結婚は「60歳くらいでできたら」と語っている。

“不思議系”のキャラだけは今も変わらない。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年8月11日号)