《こういう投稿自体も考えたけど一応一般人だし事件に関しての公のコメントは今のところ控えますね(中略)お騒がせしました 社会的に失うものそろそろなさすぎて 前に進む以外ないや》

【画像】露出の多い写真をインスタに公開している現在の谷口さん

 4月29日、インスタグラムにこう投稿したのは、アイドルグループ「HKT48」の元メンバー・谷口愛理さん(21)。谷口さんは4月16日、大麻取締法違反(所持)の疑いで福岡県警に逮捕された。福岡県警西署は4月18日、谷口さんを送検。福岡地検は4月28日に処分保留で釈放し、30日には証拠不十分で不起訴処分とした。


HKT脱退後、グラビアアイドル時代の谷口愛理さん 本人ブログより(2015年4月21日)

かつての清純派アイドルはカリスマキャバ嬢に

 逮捕容疑は、3月26日午前10時45分頃、福岡市中央区の実家マンションの自室で乾燥大麻0.025グラムを所持していた疑い。自室にあったショルダーバッグから乾燥大麻が出てきた。取り調べに対し、谷口さんはこう供述した。

「交際相手が半年くらい前に家に遊びに来た時に、ショルダーバッグを置いて行った。忘れていったから保管していただけ」

 捜査関係者が話す。

「逮捕のきっかけは今年1月に、谷口の交際相手を含む当時20歳の男4人が起こした傷害・監禁事件でした。この関連でガサ入れを行ったところ、男の家からは大麻や使用するための道具が見つかった。その中のストローから第三者のDNAが検出されました。そこで、男の家の出入りを調べていたところ浮上したのが谷口だったというわけです」

「文春オンライン」は4月19日に公開した逮捕後の一報で、彼女が現在、福岡・中洲で働く売れっ子キャバクラ嬢になっていたことを報じた。かつての清純派アイドルはまったく違うイメージの女性に生まれ変わっていた。

 AKB48の妹分として2011年に結成され、博多を中心に活動しているHKT48。2012年には指原莉乃(27)がメンバーとなり、2013年からは劇場支配人を兼務。人気は急上昇し、2014年の大晦日には「第65回NHK紅白歌合戦」に初出場した。

「当時、谷口は現場での人気も高く、清純派の美人として将来嘱望されていたメンバーでした。しかし2012年、ファンと個人的な繋がりを持った5人のメンバーのうちの1人としてグループを脱退することにとなりました。この“一斉解雇”処分が、通称『博多の乱』なのです」(HKT関係者)

指原がメンバーを守ろうと直談判したことが藪蛇に

「週刊文春」(2012年8月30日号)では、谷口さんを含むメンバー数人がイケメン専門学校生のファンの部屋に宿泊していたことが発覚し、指原がお泊まりをしていたメンバーを守ろうと支配人に直談判。だが、これが藪蛇になり、一気に解雇への流れができてしまったことを報じている。

 その後の「週刊文春」(同年9月13日号)では、解雇メンバーの1人である古森結衣は巻き添えを食った”不当解雇”であることを、古森の父親が告発した。

「指原が支配人に直談判をした後、支配人がHKTの全メンバーを集め、携帯チェックを一斉に行いました。そこでファンと繋がっていたことが判明したのが、解雇された5人だったのです」(同前)

「いろいろバレた」

 当時、「48グループ(AKB48をはじめ、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48など姉妹グループを含めた総称)」が使用していたSNSサービス「Google+」に、谷口さんはこう投稿した。

「いろいろバレた」

 この発言によって、谷口さんが「博多の乱」の首謀者ではないかとファンの間では疑われていた。しかし、「博多の乱」のきっかけをつくったのは別のメンバーだったという。

 当時、「博多の乱」に関係していたファンが内幕を明かす。

「メンバーの中で最初に繋がることができたのは、谷口ではなくA子でした。まだ誰とも繋がっていない時に、ダメ元でA子にGoogle+でメッセージを送ると返信がきたんです。そして、A子は『これ(Google+)は運営に管理されてないよ』と教えてくれた。そこで、いろんなメンバーにGoogle+でメッセージを送ったんです。そうやって大勢のメンバーとやり取りするなど繋がることができました。

「陰でやることはやっていたわけです」

 実は、公になっていないだけで、解雇の5人以外にも同じやり方を使って、B子、C子はファンと繋がっていましたよ。彼女たちは『カカオトーク』というSNSアプリを使い、連絡を取り合い、密会もしていた。運営の携帯チェックでバレずにお咎めなしだった。他にもGoogle+だけで連絡を取り合っていたメンバーたちもバレていない。D子もそのパターンですね。D子はその後、裏アカが発覚し、ファンへの口汚い書き込みがバレたりしていますが、可愛い顔に似合わず、当時から陰でやることはやっていたわけです」

 5人がお泊まりしていたのは、当時ファンの間でも有名だった茶髪イケメンの専門学生の一人暮らしのアパートだった。

「でも、5人のメンバー全員が一度にお泊まりに行くわけではなく、谷口を中心に2、3人で訪問していました。谷口は誰よりたくさんお泊まりに参加していましたよ。お泊まり明けに劇場公演に出演したりもしていた。今思えば肝が据わっている中学生ですよね。谷口は『誰とも遊べないからこうやって遊ぶしかないんだよね〜』と悪びれる様子もなく話していました。

 谷口は他のファンとも繋がっていて、知っているだけでも3人くらいのファンと繋がっていましたよ。ただ、お泊まりと言っても肉体関係はなく、『楽屋での〇〇(メンバー)はこうなんだ』などと暴露話を披露するくらい。酒もタバコもありませんでした」(同前)

彼氏はキャバクラ店の客だった

 現在、谷口さんは“中洲殿堂入り美女”として福岡市・中洲のキャバクラに勤務している。その界隈では有名人だ。逮捕のきっかけとなった半グレ彼氏との出会いは2年ほど前。自身が勤めていたキャバクラ店に通っていた客だったという。

 8年前は男性ファンとの交流によってグループを解雇。今回はキャバクラの客だった半グレ彼氏によって逮捕に巻き込まれた。身から出た錆か、男運がなさ過ぎるのか--。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))