インスピレーション・ボード

写真拡大 (全11枚)

アレンジ次第で印象が大きく左右されるTシャツは、シルエットや+αの小物などで、簡単にスタイリング幅を広げられる。オシャレ賢者たちの、Tシャツをふつう以上に導くテクニックを参考に、着慣れた1枚を特別感のある装いへとレベルアップ!

いつでも美形に


シルエットバランスでスタイルよく


無地から柄まで、どんなTシャツでもオシャレな体に導く、上下のボリュームバランスに注目。体型カバーができ、しゃんとして見えるカギは、Iラインと凹凸のあるシルエットにあり。

-T-SHIRT AND-
BLACK I-LINE

「細身の黒でスレンダーなラインを」



脚をすっきりと長く見せる、ハイウエストの黒いIラインスカート。無難な白Tが、気品をまとった面持ちに。


ワンピースを重ねて縦を意識。色気たっぷりの黒のキャミソールには、日常感の強いスポーティなロゴTをIN。

-T-SHIRT OR BOTTOM-
VOLUME SILHOUETTE

「上下どちらかはビッグフォルム」



シルエットだけでメリハリがつく、オーバーサイズT&コンパクトボトム。お尻まで隠れる大きなTシャツは、脚をきゃしゃ見せできるため、ミニスカートも試しやすい。


ボリューミィなロングスカートのおかげで、ジャストサイズの白Tでも肩幅を小さく映すことに成功。


ルーズなワイドパンツも、上がコンパクトならだらしなくならない。

-UPDATE BASIC STYLE-
COMPACT T-SHIRT & SLIM DENIM

「Tシャツと同様デニムも”少し細く”」



ゆるすぎず細すぎずの絶妙なサイジングが、ド定番の白T×デニムでも”こだわりのある人”に。


スキニーだとやんちゃさが高まるロゴTと黒デニム。脚のラインを拾いすぎない、少しの隙間が大人の余裕につながる。


足首を隠すことで全体が締まるため、長め丈のストレートデニムとなら、白のワントーンスタイルも膨張感ナシ。

-WAIST IN-
LOOSE × LOOSE

「タックIN前提のワンツーでルーズ」



ずるっとした服をウエストINすれば上下のボリューム感がきわ立ち、体をひとまわり小さく。反対色の白黒でさらに緩急づけ。


ボーダーTとチェックパンツの柄ON柄は、両方ともゆとりを持たせて気張った感を払拭。