「自分一人が悪者になればいい」精神障害の息子を殺害した父親の決断プレジデントオンライン

「自分一人が悪者になればいい」精神障害の息子を殺害した父親の決断

ざっくり言うと

  • 精神障害を患う35歳の息子を殺害した、81歳の父親の話を紹介している
  • 症状の悪化が始まり、息子が暴れて警察に通報することもあったという
  • 父親は「責任を取るしかない。自分一人が悪者になれば良い」と語っていた

ランキング