寒い時期には欠かせない、ユニクロの「ヒートテック」商品。インナーはもちろん、足元を温めてくれる「レッグウォーマー」も展開されています。

本来は足元に使うものですが、2022年10月に入り、ちょっと違う使い方で注目を集めています。

「早速とりいれてみたらすごく良い」

「ヒートテックニットレッグウォーマー(リブ)」は、厚手の「ヒートテック」のリブ素材を使ったアイテムです。伸ばして使っても、クシュッとさせてもいい丈感(全長50cm)で、自由にアレンジできるのも魅力。シンプルなデザインなので、家の中やアウトドアシーン、オフィスと幅広いシーンで使えます。

そんなレッグウォーマー、SNS上では「アームウォーマー」として活用している人が多く見られます。

「アームウォーマー(カバー)」は2000年前後のファッションでも流行りましたが、2022年になり再び注目を集め、特に若い世代の女性のトレンドアイテムになっています。

アームウォーマーの人気の使い方として、 "クシュっ"とさせて、付けるというのがあります。

このクシュっと感を出すのにぴったりなのが、厚みや丈感のある「レッグウォーマー」。

インスタグラムをのぞくと

「レッグウォーマーだからくしゅっと使える!」
「流行りのレッグウォーマーをアームカバーに」
「ヒートテックやからぬくぬく」
「オーバーサイズシャツからチラッとのぞかせたりアウターの袖から見えるのも可愛い」
「アームカバーで使えるって知って、早速とりいれてみたら、すごーく良い」

との声が多数見られます。ユニクロの公式サイトの商品レビューにも、「アームウォーマー」として使用予定の人が見られました。

おしゃれさはもちろん、防寒対策もバッチリ。もちろんレッグウォーマーとしても大活躍してくれるので、日によって使い分けるのもよさそうです。

色はダークグレー、ブラック、ナチュラルの3色展開。価格は990円です。

取り入れやすいカラー展開で、年代問わず使えます。この冬、おしゃれアイテムかつ防寒対策として1つ持っておくと、いいかもしれませんよ。

※画像は公式サイトから。

(東京バーゲンマニア編集部 三浦香奈)