ジブリ映画の舞台「聖蹟桜ヶ丘」が、衰退していく明確な理由

写真拡大 (全3枚)

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、京王電鉄京王線「聖蹟桜ヶ丘」。

丘の上の高級住宅地だが、坂道が仇となり…

「聖蹟桜ヶ丘」は東京都多摩市位置する、京王電鉄京王線の駅です。1日の乗降客数は6.5万人。昨今は減少傾向にあります。

駅があるのは、多摩市関戸。1213年、鎌倉幕府によって作られた関所「霞ノ関南木戸柵」が地名の由来といわれています。1925年、「関戸」駅として開業しましたが、それから12年後の1937年、「聖蹟桜ヶ丘」駅に改称されました。周辺に桜の名所に由来する「桜ヶ丘」という地名があったことと、付近に明治天皇の御狩場あったことから、天皇に関係のある遺跡・史跡を示す「聖蹟」をかけ合わせた駅名がつけられました。

当時、東急電鉄が「九品仏」駅から「自由ヶ丘」(のちに「自由が丘」)と改称し、地域のブランドが向上したという成功例から、都内近郊を走る私鉄沿線には、駅名に「丘」をつけるブームが起きました。「聖蹟桜ヶ丘」においても、同じような効果を狙ったといわれています。

駅周辺は、京王電鉄をはじめ京王グループの本社が集積するほか、「京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター」などの大型商業施設が立地するなど、京王グループの重点エリアになっています。

住宅開発を積極的に進めたのも京王電鉄で、沿線随一の高級住宅地を目指し、1960年代に開発・分譲がスタート。当時としても珍しい、都市ガスなどが整備された、近代的な街づくりが進められました。この地を舞台にしたのが、ジブリ映画「耳をすませば」。中学三年生の初恋を描いた映画で、住宅地から駅に向かう際は、映画でも登場する風景が見られます。いまなお聖地巡礼で訪れるファンも多いとか。

しかしここで顕著になっているのが、「坂道がつらい」問題。駅があるのは多摩川沿いの低地で、造成された住宅地は急な坂道をかけあがった丘の上。この坂道があったからこそ、「耳をすませば」では印象的なシーンが描かれましたが、住民にとってはかなりの負担です。入居してきたばかりの若い頃であれば、丘を駆け上がることもできたでしょう。しかし年老いてから、この坂は……、と住民の転居が相次いでいるのです。このままではゴーストタウンになってしまうと、ニュータウンの再生が急務となっています。

「聖蹟桜ヶ丘」駅周辺の住宅地

買い物環境抜群…駅チカでも家賃はリーズナブル

駅周辺の家賃水準をみていきましょう。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は4.66万円、11分を超えると3.66万円(図表1)。同条件の多摩市の家賃水準は、駅10分圏内で4.55万円、11分を超えると3.69万円。「聖蹟桜ヶ丘」駅周辺の平均家賃は、多摩市の水準とほぼ同水準といえます。

[図表1]「聖蹟桜ヶ丘」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会調べ(6月18日時点)※単位は万円

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25〜29歳で27.5万円、30〜34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」※10名以上の企業対象※数値は所定内給与額※単位は万円

「聖蹟桜ヶ丘」駅周辺は、20代会社員でも十分に検討できる家賃水準です。大手ポータルサイトで検索すると、20代適正家賃内で駅チカ5分圏内の単身者向け物件が多くみつかります。築年数は30年以上の物件が多く、新築、築浅の物件は限られます。築年数にこだわるのであれば競争率が高いので、心しておくといいでしょう。

交通面はどうでしょうか。「聖蹟桜ヶ丘」から「新宿」は、平日8時に出発する場合、41分ほど。京王線は京王新線を通じて都営地下鉄新宿線と相互運転をしているので、都心へダイレクトにアクセスすることもできます。問題は、京王電鉄の朝のダンゴ運転。駅間でとまることも多く、満員電車でイライラしてしまうことも。そんなストレスを避けたいなら、時差出勤など、工夫が必要です。

買い物環境はどうでしょうか。駅周辺には「京王ストア」や「コモディイイダ」などスーパーがあるほか、ドラッグストアチェーンも複数点在しているので、日常品の購入で困ることはありません。また「京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター」「聖蹟桜ヶ丘オーパ」といった大型商業施設には、人気ショップやブランドが入っているほか、「ビッグカメラ」や「ニトリ」などの家電量販店も。生活に必要なものをひと通り揃えることができるほど充実しています。

飲食店はどうでしょうか。駅周辺にはファストフードやファミレス、牛丼店、定食店など、大手飲食チェーンが揃っているので、外食がメインの人でも困ることはありません。商業施設の飲食フロアには多彩なジャンルの店が揃い、使い勝手もいいので重宝するでしょう。

開発から半世紀が経ち、郊外型のニュータウンの衰退が問題になっていますが、「聖蹟桜ヶ丘」もその渦中にある街。しかし駅から徒歩5〜10分圏内であれば、急な坂道はなく駅にアクセスでき、買い物環境も良好。家賃もリーズナブルで、高い居住性を備えた物件に住むことができます。