魅力度47都道府県ランキング1位は11年連続で北海道/写真=ゲッティイメージズ

写真拡大

民間調査会社のブランド総合研究所は10月17日(木)、2019年の「都道府県魅力度ランキング」を発表した。調査の結果、都道府県の中で最も魅力度が高かったのは北海道で、都道府県の調査を開始した2009年から11年連続で1位となった。一方、47位は茨城県で、こちらも2013年から7年連続で最下位という結果となった。

【写真】茨城県公認Vtuber、ミニスカ衣装がキュートな茨ひより

この調査は、全国1000の市区町村と47都道府県を対象に実施される「地域ブランド調査2019」によるもの。調査項目は認知、魅力、情報接触、観光意欲、居住意欲など計84項目に渡り、全国の20代から70代までの消費者3万1369人から有効回答を得た。

魅力度ランキング1位の北海道の点数は61.0点で、2位の京都府の50.2点と大差をつけての首位獲得となった。北海道は観光意欲度と産品購入意欲度が1位、居住意欲度も3位と、他指標の結果でも上位になっているほか、市区町村の魅力度ランキングにおいても、1位函館市、2位札幌市、4位小樽市、9位富良野市と、TOP10のうち4つを北海道の市町村が占めた。

このほか、都道府県魅力度ランキング上位は、3位が東京都(43.8点)、4位が沖縄県(40.8点)、5位が神奈川県(34.5点)と続き、この5都道府県の順位は前年と変動がなかった。

上位10都道府県の中で昨年より順位を上げたのは、前年7位から6位で自己最高位となった大阪府(32.9点)と前年11位から9位の石川県(25.4点)。大阪府は居住意欲度の調査でも自己最高位の4位となっているほか、「2025大阪万博」や、今年6月に実施されたG20などに関連する地域イメージ項目「国際交流の地域」が2位に上昇。地域コンテンツの認知項目「世界遺産や日本遺産」でも2018年の22位から15位に順位を上げるなど、複数の調査項目で躍進した。

一方、魅力度ランキング下位の都道府県は47位茨城県(9.4点)、46位佐賀県(11.2点)、45位群馬県(11.5点)、44位徳島県(12.2点)、43位栃木県(12.5点)という結果に。茨城県は2018年より自治体初の公認Vtuber「茨ひより」を起用したことで話題となったほか、営業戦略部の設置、東京・銀座のアンテナショップを「IBARAKI sense(イバラキセンス)」としてリニューアルするなど、パブリシティ活動にこれまで以上に積極的に取り組んできたものの、最下位脱出とはならなかった。

出典:「地域ブランド調査2019」(ブランド総合研究所)(東京ウォーカー(全国版)・国分洋平)