気になる彼とLINEのやりとりをしているけれど「ただの友達? それとも……?」と考えたことがありませんか? 本命の女性にだけ送る内容が分かっていれば「好意の有無」を知ることができますよね。というわけで、今回は男性たちの意見を参考に「男性が本命の女性にだけ送るLINEの内容」をご紹介します!

本命の女性にだけ送るLINEの内容

1. 仕事が終わった報告をする

仕事が終わった〜! など一息ついたとき、1日の終わりなどに連絡をするのは「特別な女性だけ」という声がありました。忙しく働く男性はオフモードに切り替えると「好きな女性とコンタクトを取りたい」と思うものなのです。1日の頑張りを褒めてもらえたら最高!?

「仕事が終わったときに『今仕事終わった〜』『これから帰り』などと連絡したくなるのは、好きな女性だけ。1日の終わりにコンタクトを取って『お疲れさま』『頑張ったね』と言ってもらいたいからです(笑)」(29歳・通信会社勤務)

▽ わざわざ仕事終わりに連絡をしたくなるのは、好きな女性に癒されたいから! 脈アリの可能性大です。

2. 疲れた〜と甘える

疲れた〜と甘えてしまうのも、好きな女性にだけという声が! 男性は基本、疲れていることなどをアピールするのはカッコ悪いと思っている派が多いので「甘えたい女性」にしか「疲れた」と言いません。誰にでも疲れたという男性もいるので見極めが必要ですが……!

「人前で疲れたとか口にしない男でも、好きな女性には甘えたいから『すごく疲れた』と口にしてしまう。頑張っていることを認めてもらいたいし『すごいね、頑張っているね』と褒めて欲しいので」(30歳・メーカー勤務)

▽ 誰にでも疲れたという人もいるので、普段の様子をチェック! あなたにだけ「疲れた」というのは心を開いている証拠です。

3. 自慢話をしてくる

今日の商談うまくいったよ、○○の契約が取れた……など「自慢話」をするのも本命の女性にだけという声が! すごいでしょ? とさりげなくアピールをして、好きな女性の気を引こうとしてしまうものなのだとか。

「最初は他愛もない話をしていたのに、自慢話が増えてきたら本気のサインだと思う。男って好きな女性に『すごい!』と認められたいので、褒められそうな出来事があると報告します」(31歳・IT関連)

▽ こんなことがあったよ! と自慢のように報告してくるのは、あなたに「すごいね」と尊敬されたいからなのです。

4. 「俺が」「僕が」が多い

男性は好きな女性に対して「俺が」「僕が」という単語が増えるといわれています。自分のことをアピールして自分のことを“印象づけたい”という願望があらわれているのだとか! LINEでも「俺が」と一人称が多い男性は、あなたにアピールしているサインです。

「無意識なんだけど、好きな女性には『俺が』ってアピールしちゃう。『俺も○○だったよ』とか、無駄に俺、俺って言うのは『少しでも自分のことを理解して欲しい』という願望があるそうです」(31歳・飲食関連)

▽ 俺は〜、僕は〜という言葉が増えてきたら、あなたに好意を持っている証拠です! LINEのみならず普段の会話でも見逃さないように!

まとめ

こんな内容が送られてきた場合は、好意を抱いている可能性大! 本命の女性にだけは気持ちは隠せない……LINEにも無意識に違いが出てしまうものなのです。気になる彼からこれらの内容が送られてきた場合は、こちらからもほんのり好意をアピールしてみると関係が進展しやすくなるかもしれませんね!