iPhone 11のカラバリは6色

写真拡大

―[デジタル四方山話]―

〜第63回〜

 9月10日、新型iPhoneが発表された。6.1インチ液晶のiPhone 11と、5.8インチ有機ELディスプレイのiPhone 11 Pro、6.5インチ有機ディスプレイのiPhone 11 Pro Maxの3シリーズがラインナップした。予約注文は9月13日の午後9時からで、発売は9月20日となる。

◆iPhone 11はどこが進化した?

 まずは、iPhone XRの後継とも言えるiPhone 11をチェックしてみると、カメラが大幅に強化されている。レンズを2つ備えたデュアルカメラシステムを採用し、超広角撮影が可能になった。画素数は1200万画素で、光学2倍ズームを搭載。暗い場所でもきれいに撮れる「ナイトモード」や静止画の撮影中に撮影ボタンを長押しするとそのまま動画を撮影できる「Quick Take」など、便利な機能も追加されている。

 耐水性能も強化され、iPhone XRの2倍となる水深2メートルで30分間耐えられるようになった。ボディはアルミとガラス製で、カラバリはブラック、ホワイト、グリーン、イエロー、パープルに加えてProduct REDも用意されている。気になる価格は64GBモデルが7万4800円〜。

◆超広角撮影も可能になったiPhone 11 Pro

 iPhone XSの後継がiPhone 11 Proで、iPhone XS Maxの後継がiPhone 11 Pro Maxとなる。どちらもディスプレイサイズは継承しているが、わずかにサイズアップし、少し重くなっている。こちらも、大きな変化としてはカメラが目に付く。レンズを3つ備えており、広角と望遠に加え、超広角まで撮影できるようになった。画素数は1200万画素。

 バッテリー時間はiPhone 11 Proが4時間伸びて、iPhone 11 Pro Maxは5時間伸びているそう。耐水性能はIP68等級で、水深4mで30分間耐えられるようになった。なお、画面を押し込んで操作する「3D touch」がなくなっている。

 ボディはステンレススチールとガラス製で、カラバリはゴールドとシルバー、スペースグレイ、ミッドナイトグリーンの5色となる。64GBモデルの価格はiPhone 11 Proが10万6800円〜、11 Pro Maxが11万9800円〜となる。

◆iPhone 11シリーズの買いはどれなのか?

 今回の新iPhoneは、それほど驚くべき新機能を搭載したわけではない。とは言え、順当に性能を向上させ、物欲を刺激する端末に仕上がっていることは確かだ。

 iPhone 11シリーズのポイントは、カメラと耐水性能が強化されている点だ。ここに魅力を感じているなら、購入を検討したい。筆者もiPhone XS Maxを使っているが、買うか買わぬかと聞かれるなら、当然買うしかない。ただ、今回はどのモデルを購入するのかは悩ましいところだろう。

 本来であれば上位モデルをオススメするのだが、今回、エントリーモデルのiPhone 11のできが良すぎるのだ。ディスプレイが液晶でカメラが2眼ではあるものの、特にそれを重視していないなら、3万円の価格差は大きい。ポップなボディーカラーが用意されているのも好印象だ。

 筆者は細かい文字が見えにくくなってきたこともあり、大画面のiPhone 11 Pro Maxを買おうと考えているが、256GBモデルだと価格は13万5800円となる。iPhone 11の64GBなら7万4800円、256GBでも9万800円というお手頃価格。3眼でいろいろと写真を撮りたいならiPhone 11 Proになるが、そこまでこだわらないというなら価格重視でiPhone 11を選べばよいだろう。

―[デジタル四方山話]―

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2年前に海底熟成ウイスキーを扱う「トゥールビヨン」を立ち上げ、現在販売中