交流戦最下位からチーム20年ぶりの11連敗と悪夢が冷めないまま、前半戦を終えた広島カープ。球団初のリーグ3連覇を達成した緒方孝市監督にとっても、試練の後半戦となりそうだ。現役時代から口数が少なく、黙々とプレーするタイプで、同じ九州出身の前田智徳とともに報道陣泣かせの気質だった緒方監督だが、球団史上初となるリーグ4連覇のかかった今季は、その「取っつきにくさ」に、さらに拍車がかかっている。誤解を恐れずに