第4試合に勝利し、チームメイトと歓喜の抱擁を交わす張本智和【写真:浜田洋平】

写真拡大

世界卓球団体戦男子準々決勝でポルトガル撃破

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が7日、中国・成都で行われ、男子準々決勝に臨んだ世界ランク3位の日本は、同9位のポルトガルを3-1で破り、2大会ぶりのメダルを確定させた。エース張本智和は圧巻の内容で2勝を挙げ、5大会連続メダルが途切れた前回2018年大会のリベンジを果たした。試合後は「このチームにできないことはない。目標は世界チャンピオン」と上を見据えた。

 日本の先陣を切ったのは戸上隼輔。ポルトガルのエース、フレイタスと対戦した。決勝トーナメント1回戦でブラジルのエース・世界5位のカルデラノを撃破した勢いを持って臨んだが、第1ゲームは8-11で先取された。それでも第2ゲームを11-6で奪い返すと、第3ゲームはレシーブからリズムを作って11-4。第4ゲームも流れを渡さず、11-7で勝ち切った。

 第2試合に登場したのはエース張本。ジェラウドと対戦した。第1ゲームは積極的な仕掛けが実って11-8で先取。「チョレイ!」の声が会場内に響いた。第2ゲームはサーブで崩して11-5と圧倒。第3ゲームもサーブ、レシーブともに的を絞らせずに11-6でストレート勝ちした。

 第3試合に出場した及川瑞基は39歳の大ベテラン、モンテイロと対戦。第1ゲームはレシーブに正確さを欠いて6-11。第2ゲームを11-5、第3ゲームを11-9と奪い返したが、その後は9-11、8-11と連取されて敗れた。

 第4試合に登場した張本はフレイタスと対戦。第1ゲームは相手のサーブに対応できずに7-11と落としたが、第2ゲームは11-7と逆襲。その後も11-4、11-3と圧倒して逆転勝利を収めると、ベンチで声援を送り続けた横谷晟らとともに喜びを分かち合った。

 試合後、張本は「戸上選手が1番で最高の試合をしてくれて、3番の及川選手も粘り強い試合をしてくれた。ここで決めるしかない。決め切れて良かった。このチームにできないことはないと思う。明日どこが来ても目標は世界チャンピオン。みんなで一致団結して明日も勝ちたい」と上を見据えた。

 3位決定戦がないため、これでメダルが確定。準々決勝敗退に終わった前回2018年大会のリベンジを果たした。準決勝は8日、中国とスウェーデンの勝者と対戦する。

(THE ANSWER編集部)