加藤厚労相“国内で流行”事実上認める

写真拡大

新型コロナウイルスについて、加藤厚生労働相は、国内では流行が認められないとしてきたこれまでの状況とは「異なっている」と述べ、事実上、国内で流行していることを認めた。

加藤厚労相「今後さらに調査していく必要はありますが、現状は前の時点の状況とは異なっている」

厚労省は、これまで「国内での流行は認められない」という見方を続けてきたが、加藤厚労相は会見で、「前の状況とは異なっている」と述べ、事実上、流行していることを初めて認めた。根拠として、中国と直接関係がなく、どこで感染したかわからない感染例のかたまりが、全国5か所で出てきたためと説明している。

複数の専門家は、日本のどこにいても感染する可能性がある「市中感染」が始まっていると指摘しているが、加藤厚労相は明言を避け、16日に専門家会議を開いて、「流行の段階が、どこに位置づけられるのか」検討すると述べた。

さらに、専門家会議では、一般の人がこのウイルスへの感染を疑って病院に行くべきか判断するための症状などを示した「目安」をまとめるという。