第45代アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプが、Amazon傘下の実況配信プラットフォームのTwitch上にチャンネルを開設しました。トランプ大統領といえば、Amazonが企業として1兆円以上の収益を上げるも納める税金はゼロであることを批判したり、Amazonのジェフ・ベゾスCEOが買収した新聞社であるワシントン・ポストを「フェイクニュース」と批判したりと、何かとAmazonおよびベゾス氏と敵対してきた人物であることも知られています。そんなトランプ大統領が、Amazon傘下のTwitch上にチャンネルを開設したということも注目を集めています。

Donald Trump joins Twitch, an Amazon-owned company - The Verge

https://www.theverge.com/2019/10/10/20908894/donald-trump-twitch-amazon-bernie-sanders-washington-post

トランプ大統領がTwitch上に独自のチャンネルを開設しました。チャンネル登録者(フォロワー)数は記事作成時点で既に3万5000人を突破しています。なお、公式チャンネルの下部から支持者はトランプ陣営に寄付することが可能です。

DonaldTrump - Twitch



ゲーム実況配信に特化したTwitchにチャンネルを開設したということで、トランプ大統領がゲームの実況配信をすることを想像する人もいるかもしれませんが、実際にチャンネル上で配信されているのは同氏の政治活動です。なお、トランプ大統領は10月10日にアメリカ・ミネソタ州のミネアポリスで開催した大規模な支持者集会の様子をチャンネル上で配信しています。

DonaldTrump - LIVE: President Trump in Minneapolis, MN! Text TRUMP to 88022 - Twitch

なお、自身の政治活動をTwitch上で配信している政治家はトランプ大統領だけではありません。2020年のアメリカ大統領選に立候補し、トランプ大統領と争っていたバーニー・サンダース上院議員も自身のチャンネルを開設しています。

前述以外にも、トランプ大統領は国防総省のクラウド契約についてAmazon以外の企業にもチャンスが生まれるような競争的な入札になるようにと圧力をかけるなどしています。

トランプ大統領がAmazonやベゾス氏に対して不満を抱いていることは明らかですが、そのAmazonの傘下であるTwitchでチャンネルを開設したことは驚きの一言で、海外メディアのThe Vergeは「トランプは何か重要なことを認めたかのように見える」と記し、「ジェフ・ベゾスのプラットフォーム(Twitch)では、ジェフ・ベゾスのルールに従わなければいけない」とも記しています。