22日、重慶晨報によると、19日に行われたアジア大会の開会式に登場した入場を先導するコンパニオンについて、アジア大会組織委員会は「誰一人として整形していない」と述べ、ネット上をにぎわせている。写真は開会式。

写真拡大

2014年9月22日、重慶晨報によると、19日に行われたアジア大会の開会式に登場した入場を先導するコンパニオンについて、アジア大会組織委員会は「誰一人として整形していない」と述べ、ネット上をにぎわせている。

【その他の写真】

自他共に認める整形大国・韓国では、1本の通りに100にも達しようかという整形医院が軒を連ね、街には“人造美女”や“人造美男”があふれている。近年は、韓流ドラマの影響や整形技術の高さなどから、韓国に整形目的で訪れる中国人観光客も増加している。

19日の仁川アジア大会の開会式では、華やかな衣装に身を包んだ韓国人美女たちが選手たちの入場を先導したが、ネット上では「みんな同じ顔」「彼女たちも整形しているに違いない」との声が飛び交った。

これに対して、大会組織委員会は「今大会では224人のコンパニオンが参加しており、90%は仁荷大学航空航務科の学生。つまり、キャビンアテンダント業務を専門に学んでいる」と紹介しつつ、「彼女たちはみんな“天然の美女”だ」と整形疑惑を否定している。(翻訳・編集/TK)