槇原敬之さん逮捕で露呈…劣化する「マスコミの罪」

写真拡大

2020年2月13日、槇原敬之さんが覚せい剤所持の疑いで逮捕されたと報道された。

メディアではいっせいに速報が打たれ、SNSなどでも「驚いた!」などというコメントが多く見られたが、槇原さんが薬物依存症だとすれば特に驚くことではない。

認否が明らかにされていないので推測でしかないが、事実だとすれば病気が再発したまでのことである。

メディアのみなさんは今度こそバッシングではなく、「病気」の側面を鑑みて冷静な対応を心がけていただきたい。

バッシングではなく治療を

今回の逮捕は槇原さんが2018年4月に覚せい剤を0.083グラムと危険ドラッグに指定されている「ラッシュ」を所持していたとのこと。

なぜ2018年の所持容疑で今頃逮捕されたのか詳細は不明だが、薬物事犯に対するバッシングは近年非常に激しくなっている。

ましてや槇原さんは1999年にも覚せい剤の所持で逮捕された過去があり、世間の風当たりについては身を持って知っていたはずだが、それにもかかわらず覚せい剤を所持していたとなれば、バッシングなど再犯防止策としてはなんの効果もないことを示している。

実際にこうして薬物事犯に対し、毎度毎度芸能界は大騒ぎをしているが、逮捕者は後をたたないのが現実である。

そして芸能人の薬物問題が露呈すると「芸能界は甘い」「甘えている」などと的はずれなことを言いだすタレント・コメンテーターがいるが、槇原さんのようなヒット曲を連発し第一線で活躍し続けるアーティストが、甘ちゃんの快楽主義者のはずがなく、むしろ責任感が強く、弱音が吐けず、自分を追い込みすぎて覚せい剤を使ってしまった可能性の方が高い。そのことは同じ芸能人が一番良く分かっているはずである。

「甘い」「ダメ人間」と一番責めているのはおそらく槇原さんご自身であり、それこそが依存症が「否認の病」といわれるゆえんである。

「止めよう」「止めなくてはならない」と頭でわかっているからこそ「病気」とは思えず、意志の弱さだと信じてしまうのであって、本当に再発防止を願うのであれば「甘い」「弱い」「たるんでいる」というバッシングをやめ、「意志が弱いのではない」「意志の力ではやめられない」「治療を受けよう」という報道を増やしてほしい。

そして槇原さんの周辺にいるスタッフの方々はぜひとも薬物治療の第一人者である、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦先生の治療へとつなげていただきたい。

薬物をやめ続けることはできる

奇しくも同日、田代まさしさんの初公判が行われたわけだが、槇原さんにしろ、田代さんにしろ再発はしてしまったが、だからといって薬物依存症者が薬をやめることが不可能なわけではない。

メディアは「やっぱり薬はやめられない」「一度使ってしまったらもう終わり」といった薬物依存の人が絶望してしまうような、間違ったメッセージを報じないよう気をつけてほしい。

実際には、薬物依存症者の自助グループNAに繋がり、薬物をやめ続けている人もいれば、ダルクのような回復施設で回復していく人も多くいるのである。

日本では止め続けている芸能人が報道されたり、回復を賞賛される機会がないので、再発した場合ばかり大々的にとりあげられることになるが、実際にはやめ続けている人の方が多い。

欧米では、むしろ回復を続けている姿が報道されたり、長年やめ続け薬物支援にあたった芸能人が大統領に表彰されたりするので、人々が回復する姿を目にすることができ、回復を信じられるため支援体制が広がっている。

ところが日本では「どうせ回復できない」「一度やったらお終い」というネガティブキャンペーンばかりが行われるため支援体制もなかなか整っていかない。

また国の方針も科学的かつ論理的な対策がとられず、「ダメ。ゼッタイ」のような精神論ばかりなので、これだけ誤解や偏見が広まってしまったのである。

薬物依存症は、適切な治療や支援につながれば回復できる病気である。

もちろん道のりは簡単ではなく、再発しやすい病気ではあるが、だからこそ止め続けている人たちがモチベーションを持続でき、今苦しんでいる人たちが希望を持てる報道を増やすべきである。

逮捕時ばかりスキャンダラスに取り上げるのではなく、止め続けている人たちがどんな努力をしているのか? 自助グループとはどんなところなのか? 正しい情報が明るく伝わる番組をどこかで作ってほしい。

私は某有名ドキュメンタリー番組の企画に、薬物依存症者の回復プロセスを扱って欲しいと持ちこみ、会議にかけてもらったことがあるが、「薬物依存症が回復するということを地上波で扱うことはそぐわない」と回答がきて驚いたことがある。

これだけバッシングが行われ、家族や近所の人を追いかけ回し、「甘い」「一発アウト」「たるんでいる」と、デマや偏見報道を行うことは許されても、「回復の正しい情報を伝える番組は地上波にそぐわない」とテレビマンたちは判断するのだ。

これでは薬物依存に苦しむ人が社会から孤立し、支援につながれるわけもなく、日本の薬物事犯の再犯率が下がらないのもうなずける。

回復者がその経験を語ることこそ説得力があり、リアリティある予防教育ができるのだが、日本のメディアにはその価値がわかっていない。

私たちも声をあげ続けていくが、ぜひ視聴者の方々もスキャンダラスにネガティブな側面ばかりを取り上げるメディアの偏向報道を鵜呑みにしないでいただきたい。

印象論が誤解や偏見を広めている

今回の逮捕でもさっそくNHKが、街頭録音(街録)や近所の人のインタビューを行っていたが、あれには一体どんな意味があるのだろうか? NHKはどんな主旨であのような行為を繰り返すのか?

一般の人に意見を聞けば「残念だ」「薬物は止められない」「良い曲を作るのに」と答えは決まっているし、近所の人からはたいていの場合「挨拶を返してくれる良い人でした」「礼儀正しい人でした」といった答えが返ってくる。

しかし薬物依存症は、薬物のコントロールが効かなくなるという脳の機能不全が起こる病気であり、人格や才能とは無関係である。薬物をやったからといって決して極悪人なわけでも、人格や性格が悪いわけではない。

むしろこういった薬物依存症に知識のない人たちによる薬物問題への印象を語ってもらうことで、ますます誤解や偏見を広めている。

一般人のコメントをとるくらいなら、専門家や回復者のコメントをとるほうがよほど重要かつ有意義であるが、なぜそれをやらないのか? 実は、今のメディア(特に地上波)には、そういった瞬発力が発揮できないのである。

地上波(最近ではネットメディアでも地上波並みに劣化してしまったところも多いが)は、これまで薬物問題に対して、支援者や当事者、家族が薬物問題を減らそうと努力していることを平気で踏みにじってきた。

バッシングはますます困っている人を孤立させ支援につながれないこと、「一発アウト」などといって排除していけば再犯するしかなくなること、薬物依存は病気であり意志や根性ではやめられないこと、私たちはこうしたことを繰り返し訴えてきたが、影響力の大きい地上波は、薬物事犯に対して徹底的にバッシングし、社会から排除し、病気を精神論にすり替えてきた。

コメントを出しても取材に協力しても、無知なコメンテーターが真っ向から否定して番組は終了となる。「バッシングこそが正義だ!」とばかりに批難を声高に叫び、自分たちの悪影響は棚に上げ、回復者の再起を「悪影響だ!」と妨げてきたため、真摯に薬物問題にかかわってきた支援者や当事者ほど、二度と地上波には協力したくないという人が多い。

だからこそ専門家らとつながるのに時間がかかってしまい、何も知らない人の街録を意味もなく流し、その悪影響すら思い至らず、惰性で前例を踏襲している劣化報道しか出せないのである。

私も、芸能人の事件が起こるたびに、「松本先生らに取り次いでほしい」というメディアからの依頼を受けるが、大抵の場合お断りすることになる。

人はなぜ、最初の1回に手を出すのか?

薬物事犯が追いつめられてしまうのは「そもそも違法であるものに手を出した」という最初の1回を自業自得と世間の人が思うからである。

しかし本当の解決策は違法のものと分かっていながら手を出さざるを得ないほど追いつめられた人に想いを寄せることにあるのではないだろうか。

・良いとは思っていないが薬物を勧めてくるコミュニティにしか居場所がない人
・薬物を使ってでも忘れたい、虐待や性暴力被害やトラウマのある人
・最初の1回を騙されて使ってしまった人
・違法薬物を使ってでも仕事を乗り切るしかない!と追いつめられた人
・親が薬物依存の家庭や、薬物が身近にある環境に生まれ育った人

などなど、人には最初の1回に手を出してしまう理由がある。

こう言うと「どんな境遇でも手を出さずに頑張っている人はいる!」とまた反論してくる人がいるが、だとしたら頑張れるポテンシャルに生まれたことに感謝すれば良いだけで、頑張れなかった人を貶める必要はない。そもそも人はそれぞれ個体差があるし、出会う人で人生は簡単に変わってしまうのだ。

例えば私の場合だが、父親はギャンブルによる横領犯で、母は幼い頃離婚して早々に実家に戻った。

しかし実家の祖父もギャンブル依存症だったので、境遇はあまり変わらず、あまりに貧しく私の存在は「金がかかる!」と文句を言われて育った。

家庭に居場所はなかったが、たまたま性格が社交的で身体が丈夫だったので、高校時代からがむしゃらに働くことができ、なんとか生き延びられた。しかし自尊心や自己肯定感が低いので、たびたび人生の壁にぶつかり乗り越え方がわからなかった。

そして一度目の離婚を経験したときに、ばっちりとハマってしまったのがギャンブルだった。その時、もし薬物を持っている人が「1回だけなら大丈夫だよ!嫌なこと忘れられるし、寝ずに働けるよ!」と近づいてくれば薬物にハマっただろうし、もし酒好きだったらお酒にいったかもしれない。

弱っているときに何かにすがりついたとしても責められないし、生き延びればまたやり直すことはできるのだ。

大切なのは、やり直しが効きやすい早期に、沼にハマってしまった人を助け出すことである。そのためには社会全体で薬物問題を抱える人の理解を深めることが必要ではないだろうか。

楽曲の起用停止、番組の差し替え

毎回大騒ぎになるが、槇原さんの楽曲の起用停止や番組の差し替えは、社会になにか役立つのだろうか?

問題を大げさにし、苦しんでいる当事者の負担をことさら重くし、家族まで追いつめ居場所を奪い、収入の道を途絶えさせ、ファンの応援の声を無視し、スタッフや共演者の作品まで奪うことが、再犯防止策になっただろうか?

昨年末に公開され、世界中で大ヒットした『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』では、違法薬物のオーバードーズにより亡くなったキャリー・フィッシャーを最新のCG技術を駆使して蘇らせている。

あの映画が公開されたことで、違法薬物の使用者が増えただろうか。むしろ日本人のファンも、キャリー・フィッシャーの登場に熱狂していたではないか。

スターウォーズのスタッフは、この作品の公開にあたって公開前のインタビューで「エイブラムス監督をはじめとする製作スタッフは皆、フィッシャーさんの、そしてレイアというキャラクターの偉大なレガシーをたたえつつ、壮大なサーガを締めくくるに相応しい作品にすることが、遺族はもちろんファンや我々自身にとってどれだけ大事かを、十分に理解している」と答えている(映画.com「キャリー・フィッシャーさん『スター・ウォーズ』最新作にどう登場する?」)。

同作は、最後の3部作にふさわしい名作の呼び声が高く、レイア姫を演じたキャリー・フィッシャーに対しては、薬物依存の再発に苦しみながらも闘い続け、最後まで私たちに感動的な作品を残してくれたことに多くの賞賛が寄せられた。

それなのになぜ日本人は日本人の作品だけを、日本人の文化だけをないがしろにするのであろうか? このような矛盾からいい加減脱するべきではないだろうか。

芸能界もメディアも、そしてそれを支援するスポンサー企業も、ご自分たちが多くのファンに支えられていることを謙虚に受け止めるべきである。

一部目立ちたがり屋のタレント・コメンテーターに、ファンの気持ちを踏みにじる権利はないし、あくまでも選ぶのは私たち一般庶民であり、事なかれ主義に統一してしまうような全体主義こそ危険である。

失敗した人の再起を応援できるような社会になってほしいし、再起を応援する人たちのニーズに答える番組も作られるよう心から願っている。