「ダウンタウン」の松本人志

写真拡大

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が12日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。金融商品取引法違反の罪などで起訴され、保釈中に中東レバノンに逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)が開いた記者会見について言及した。

 松本は、楽器の箱に入って出国したと思われる“逃亡劇”について「今年の笑ってはいけないでやって欲しい」とジョークを交えてコメント。会見については「そもそも自分に非があるわけですよ。それを日本の司法のせいにして、勝手に記者会見を開く。やり口は宮迫と似てますよね」と、闇営業騒動で会見を開いた「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)の名前を出して笑わせた。

 一方で「こんだけ日本に長いこといて、日本語を一切しゃべらない、日本語をしゃべろうという気すらない。ここに日本に対するリスペクトみたいなのをそもそも感じなかった。そこがこの人の本質のような気がする」と指摘していた。