学生の窓口編集部

写真拡大

博多華丸・大吉の大吉。とてもいい人のイメージで、大ブレーク中の芸人で、とにかく評判がいい。

「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)「この人の取り扱い注意)に出演した大吉。普段とは違う、「いい人ぶる」裏の顔が公表された。

番組冒頭で同じくゲストのヒロミから指をさされると「人を指でさすのはやめましょう」といきなりの善人ぶりを見せた。

しかし、スタイリストからの情報によると、大吉は結構面倒な人物らしい。まず、衣装を用意するとき、「ドクロマークはどんなに小さいマークでNG、以前は迷彩柄もNG」だったことがわかった。衣装は着る前にかなり細かくチェックをするらしく、大吉は「ドクロは人の死に直結する。抵抗があるからNG。ドクロを着るときは引退を覚悟」とまで言うほどの拒否ぶりかつ、かなり細かい。

そして、髪型を変えた大吉を褒めるのもNG。スタッフによると、髪型を変えたときに褒めたら、色々な言い訳をして否定するのだとか。「褒められるのは好きじゃない、お返ししようがないので」と大吉。褒められたあとに、「あいつ真に受けたよ」と言っている気がするとネガティブ発言。

また相方の華丸は、大吉をたてるために必要も無いのに、大吉の前で後輩にお金を借りるのだそうだ。これは華丸のイメージをダウンさせたにすぎない。

本人は、笑顔を作るのが苦手と告白。華丸がすごい笑顔を作って写真を撮るために、同じような笑顔は無理なのでやめてほしいとテレビを通してカメラマンに要求。やはり細かいな。

そのあと、坂上忍から「大吉さんのことが大好き」と言われるが、「相当口が悪い」と暴露された。

芸人の中でも、「いい人」の代名詞のように思えるが、単なるネガティブ思考にしか見えないのだが……。

ネガティブだからこそ、「いい人」に思われるよう演じているのか?でも、見た目はいい人にしか見えない。