今日(29日)の日没後、南西の空をご覧ください。地球照を伴った細い月と金星が接近し、美しい眺めとなります。

細い月と金星の接近

今日(29日)の日没後、南西の空に地球照を伴った細い月と金星が接近します。地球照とは月の欠けて暗くなっている部分が、地球に照らされて、うっすらと見える現象です。そんな幻想的な月と美しい輝きの金星が接近するようすが楽しめます。
年末の忙しい時期ですが、是非、夜空を見上げてみてください。

上の写真は今年の1月2日に月と金星が接近したようすを写真でとらえたものです。今回とは月の欠けた向きは違いますが、とても美しい姿でした。

気になる天気は?

今夜は沖縄は雲に覆われるでしょう。九州や四国、中国は夜は雨雲がかかり、観察にはあいにくの天気です。近畿から東北は雲が増えてはきますが、雲の間から見られるチャンスがあります。北海道は晴れる所が多く、観察に良さそうです。
今夜は近畿から東北はこの時期としては冷え込みは弱いものの、空気は冷たいでしょう。寒さ対策をして観察して下さい。北海道は冷え込みが厳しく、ダウンコートにマフラー、手袋など万全な対策が必要です。暖かい飲み物を用意するのも良いでしょう。