仙台市には、直立して三節棍を操るクマがいるらしい----。

その名はツバサ。八木山動物公園フジサキの杜で飼育されているツキノワグマだ。

こちらはツイッターユーザーのそらまめきなこさん(@shirokumaroko)が2020年3月29日にツイッターに投稿した動画。二本の後ろ足ですっくと立ち、カンフー映画のように三節棍を振り回すツバサ。バランスを取るために肩幅程度に足を広げたり、後ずさったりする姿はまるで人間のようだ。

動画を見たツイッターユーザーからは、

「フツーに立ってますね」
「ほんとにマジのくまさん? 着ぐるみではないの?」
「アチョー!って聞こえた気がした」

など驚嘆の声が上がっている。

三節棍を使い始めてから姿勢も良くなった


本当にクマなのか?(画像はそらまめきなこさんのツイートより)

見れば見るほど、その姿勢の良さに驚かされる。人間でもこんなに真っすぐは背筋が伸びない人もいるだろう。

ツバサはいつからこんな風に真っすぐ立ち、さらに三節棍まで使いこなせるようになったのだろう。Jタウンネット編集部は八木山動物公園を取材した。

同園飼育展示課の担当者によると、ツバサはオスのツキノワグマで、現在4歳。

「これまでも起立して鍛錬していましたが、動画のようにまっすぐに立つようになったのは最近です」

とのこと。三節棍をツバサに持たせたのは2018年の夏からで、「木の棒を振り回す様子を見て、これならば三節棍を使いこなせるのでは」と思ったからだという。幼い頃から頭角を表していたようだ。

ツバサは自主的に三節棍の練習をしているのか尋ねてみると、

「楽しく振り回しているだけだと思いますが、その結果、姿勢もよくなり三節棍の扱いがとても上手になりました。『好きこそものの上手なれ』ですね」

と担当者。姿勢の良さも三節棍の鍛錬の結果らしい。

同園は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月10日まで臨時休園の予定。落ち着いたら、ぜひツバサの三節棍捌きをこの目で見てみたい。

その頃には、鍛錬を積んでもっと上手になっているかもしれない。