橋本環奈も“小さいおじさん”見た、芸能界に目撃者多数

写真拡大

女優の橋本環奈(20歳)が、1月3日に放送されたバラエティ番組「ビートたけしの知らないニュース 超常現象XファイルSP」(テレビ朝日系)に出演。小学生の頃に目撃した不思議な“小さいおじさん”について語った。

橋本は小学生の頃、お風呂に入っていた時に、家の浴槽のフチを「てけてけてけ」と走っていく緑の三角の帽子をかぶった小さなおじさんを目撃したと語る。小さいおじさんは10センチほどで、数十秒の出来事だったそうで、スタジオでは「幻覚にしては長すぎる」と不思議がる声が上がった。

怖くなかったか尋ねられた橋本は「意外と昔からそういう体験をよくする」と答え、先月出かけた米アリゾナ州のセドナでも、不思議な発光の写真が撮れたと語った。

“小さいおじさん”は、芸能界ではしばしば話題になるトピック。有名なのは女優・釈由美子で、ひと頃はテレビ番組やイベントなどで「“小さいおじさん”が見える」とのエピソードを盛んに披露していたが、2015年3月に出演したバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、「スイッチをオフにして、AMからFMにしたら見なくなりました」と謎の言葉と共に「もう見ない」と宣言した。

また、“小さいおじさん”の目撃談を披露する芸能人は当時多く見られ、的場浩司や渡辺徹らもテレビ番組で、目撃した状況を熱っぽく語っていたことがある。