二宮の運転する車で羽田空港に向かうふたり。後部座席にはAさんが座る(2018年4月)

写真拡大

 二宮和也(36才)が結婚を発表した。相手は、かねてから交際が報じられていた元フリーアナウンサーのAさん(38才)で、約5年の交際期間を実らせてのゴールインとなった。

【別写真】二宮の愛車を運転するAさんの姿をキャッチ!

 それはジャニーズ担当記者も知らない“スクープ”だった。

「全く気づきませんでした。二宮さんは台湾から帰国後に婚姻届を区役所に提出したと聞きましたが、そんな素振りは誰にも見せなかったんですから」(テレビ局関係者)

 結婚というおめでたいニュースだが“なぜこのタイミングだったのか”という声が、ファンからもマスコミ関係者からも聞こえてくる。

 まさに嵐は今、多忙を極めている。11月9日、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」で、奉祝曲第三楽章「Journey to Harmony」を歌った。5人はその後すぐに日本を出発。11日まで専用ジェット機で、インドネシアのジャカルタ、シンガポール、タイのバンコク、台湾の台北を回った。ファンに長年の感謝を伝えつつ、デジタル配信の解禁などを報告するという、総移動距離1万2982kmの弾丸ツアーを行ったばかり。さらにその後、年末まで国内でのドームツアーが組まれている。

 そして何より、来年末には嵐は活動を休止する。あと1年しかない。それなのに、なぜいま? どうして来年末以降ではなかったのか?

「この日の発表は入念に用意されたものでした。二宮さんとAさんがじっくり考えて準備を重ねていた。それこそ、数か月、何年もかけてのことでしょう。特にAさんは二宮さんのファン、マスコミへの対応も気にしていた。その対策も彼女主導だったそうです。つまり、急ごしらえの結婚発表ではなかったのです」(芸能関係者)

 *
 二宮とAさんの出会いは2014年、Aさんがキャスターを務めていたニュース番組に、二宮がゲスト出演したことがきっかけだった。その後、ふたりはほかの番組でも顔を合わせるなどし意気投合。そのまま交際に発展した。

 Aさんは地方局のアナウンサーを経て上京後、フリーに転身。華やかなビジュアルで、地方局時代から全国にファンがいたという美人アナだ。二宮はそんなAさんと、ほとんど人目に触れることなく、静かに愛を育んできた。

 もともとゲームが大好きで、インドア派の二宮だけに、デートはもっぱら自宅マンション。国民的アイドルという立場上、当然のことながら交際をオープンにできない中、2016年7月に本誌がお泊まり愛を報じ、交際が明るみに出た。Aさんの知人は当時のことをこう話す。

「彼女はずっと二宮さんとの交際を隠していた。“誰とは言えないけど有名な大物俳優とつきあっているの”などとうれしそうに話していました」

◆来年末まで待ったらAさんは40才になる

 その頃から、Aさんの長い“闘い”が始まった。

「Aさんがブログに、二宮さんの自宅や、嵐のCDやグッズが写った写真を載せたことがあったんです。それが二宮さんのファンの気持ちに引っかかった。たびたび二宮さんや嵐の存在が近いことをうかがわせる、“匂わせ”という指摘が増えていったんです」(前出・芸能関係者)

 Aさんは、ついにSNSを閉鎖。そして昨年3月、「メディアにかかわる仕事から離れたい」と、所属事務所を退社した。

 一見、光が見えないように思えたふたりの関係だったが、そんな逆風の中だからこそ、ふたりの愛は燃え上がったのかもしれない。華やかな世界に未練がありつつも、もはや人前に出ることもなく、以前のような批判を受けることもなくなったAさんは、この頃には二宮の“プロ妻”になる決意をしていたようだ。

「Aさんは芸能界を引退することで、二宮さんが“もう後戻りできない状態”を作りました。外出する時もかなり警戒して、ふたりっきりにはならないようにしていた。彼女がリラックスするのはもっぱら海外。昨年はモルディブへ旅行したそうです。親しい人の間では“婚前旅行”だといわれていました。

 今年3月には、都心の一等地に3億円の豪邸を購入し、同棲生活をスタート。結婚へ向けた動きは、人知れず加速していた」(Aさんの知人)

 一方で、嵐のメンバーの結婚は来年末の活動休止まで「ない」と囁かれていた。嵐は残り1年あまりを、“ファンのために疾走する”と決意している。ファン心理を考えると、結婚発表は難しい、そう考えられていたが――。

「嵐が活動を休止する来年末まで待っていたら、Aさんは40才になってしまう。Aさんは、もともと結婚願望が強い人。二宮さんとの子供も考えていたはずです。35才から、ずっと耐えて待ってきたんです。“30代のうちに結婚を”という思いを二宮さんも汲んだのでしょう。ふたりの中で“年内の結婚”は譲れない決断だったと思います」(別の芸能関係者)

 そう考えると、このタイミングは理にかなったものだったのかもしれない。

「嵐にとって一世一代の大仕事である、天皇皇后両陛下の御前での歌唱後に発表すると決めていたのでしょう。ずっと前から計画を進めてきたかのように鮮やかでしたね」(前出・別の芸能関係者)

 実は10月下旬、Aさんは弁護士を通じ、マスコミ各社にある「通知書」を送っていた。これも、思い返せば結婚への準備を匂わせる動きだった。

「通知書は配達証明付き郵便で、『Aさんは既に一般人であるため、名前や写真を出さないこと』などと書かれていました。以後、マスコミ各社はインターネットにあるAさんの写真を加工するなど対応に追われました。しかしAさんが芸能界を引退したのは、去年の3月。なぜ今頃、こんな文書を送ったのか?と訝しむメディアもありました。だから、『逆に近くふたりについての報告があるのでは?』と準備した社もあったようです」(前出・芸能関係者)

 交際発覚から炎上騒動など、数々の苦難を乗り越えて、生涯をともにする決意を固めたふたり。たとえどんな“嵐”が起きても絆が崩れることはなさそうだ。

※女性セブン2019年11月28日号