成城石井で買うべき「激ウマお惣菜」はこれ! おすすめ5種

写真拡大

駅ビルなど、アクセスに便利な場所にあるスーパー「成城石井」。総菜からお弁当、スイーツやパンなど、趣向を凝らした本格派のメニューが、人気の秘訣です。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

そんな成城石井で買える、厳選した激ウマお惣菜を5つご紹介します。意外と知られていないものもあるので、ぜひチェックしてみてください!

大皿に盛り付ければホームパーティーにも! 成城石井の総菜たち

成城石井の総菜は、保存料や合成着色料というような化学調味料が使われていないので、子供にも安心して食べさせることができます。今回は、

・トマトとモッツァレラチーズの焼き焼売

・ポテトサラダ

・北海道産かぼちゃのサラダ

・ピクルスと豆の彩りマリネ

・国産ごぼうのさっぱり漬け

の5品をチョイス!

大皿に盛り付ければ、ちょっとしたパーティーのおもてなし料理としても映えます!

1:チーズがとろ〜り! 「トマトとモッツァレラチーズの鶏焼売」499円(税抜)

この「トマトとモッツァレラチーズの鶏焼売」499円(税抜)は、SNSなどでも美味しい! と話題の一品。皮の中にみっちりと詰まった鶏むね肉は、ジューシーでプリっとした食感。トッピングにはモッツァレラチーズとチェリートマトとバジルがかかっていて、少し温めるとチーズのとろ〜りとしたうま味も味わえます。

イタリアン風の焼売ですが、後味はさっぱりとしています。一個がボリュームたっぷりで、ワインやオレンジピールのビールのつまみとしてもあいそうです。

2:実は30年以上愛されている「ポテトサラダ」380円(税抜)

総菜の定番メニューといえば「ポテトサラダ」380円(税抜)。成城石井のポテトサラダは、30年以上変わらぬレシピだとか。酸味が少なく、きゅうりやにんじんといった具が多めのやさしい甘さのあるポテトサラダは、万人受けしそうです。

機械ではなく手作業で作られているポテトサラダは、じゃがいもホクホクと大き目で、柔らかいまま。まさに家庭の味を再現しています。

3:クランベリーがアクセント「北海道産かぼちゃのサラダ」298円(税抜)

「北海道産かぼちゃのサラダ」298円(税抜)は、新鮮なかぼちゃを使ったサラダ。ゴロっとした形が食べ応えのあるかぼちゃと、甘さが残るペースト状のかぼちゃが、混ざり合っています。そこにクランベリーの弾力と、甘酸っぱさがアクセントとなり、サラダなのにちょっとしたデザートのような食感が生まれています。

ペースト状のかぼちゃからは、ほんのりとした生クリームの味も感じられます。量も多すぎないので、一人でちょっと晩酌という時に、おつまみとして重宝しそうな総菜です。

4:食べ飽きない美味しさ「ピクルスと豆の彩りマリネ」399円(税抜)

「ピルクスと豆の彩りマリネ」399円(税抜)は、量が多くて日持ちも4日程度するので、コスパがよい総菜です。ピクルスのシャキシャキとした食感と、口の中にほんのりとしたマリネの酸味が残ります。パスタなどの副菜としてもあいそうです。

鶏肉や、ローストビーフなどの肉量に、飾り付けとして一緒に盛り付ければ、肉料理に酸味が加わって、さっぱりと味になります。トマトソースなどがあれば、一緒に煮詰めてちょっとしたスープの具としても使えます。

ピクルスと豆をプラスするだけで、ちょっとしたご馳走になるので、使える総菜と言えそうです。

5:これぞやみつき! 「国産ごぼうのさっぱり漬け」298円(税抜)

洋風の総菜のイメージが強い成城石井ですが、和風も負けてはいません。この「国産ごぼうのさっぱり漬け」298円(税抜)は、ちょっとした高級居酒屋で食べるようなほんのり上品な味つけです。ごぼうのシャリっとした食感と、よく味が沁みこんだごまの風味に、ぴりっとした唐辛子が絡んで、きんぴらごぼうのような味がします。

甘辛風味の味付けは、ごはんともよくあいます。まさに、食べても食べてもお代わりがしたくなるような、うま味に満ちた味です。ビールの苦みともよく合いそうです。

いかがでしたでしょうか。今回は「成城石井の激ウマ総菜5選」をお届けしました。秋の夜長に、いつもよりもちょっと贅沢な総菜を、ぜひ味わってみてくださいね!