大韓航空が第1級の発がん性物質で機内を清掃 清掃員に中毒症状

ざっくり言うと

  • 2017年7月、大韓航空の清掃員5人が機内で倒れ、中毒症状で病院に運ばれた
  • 韓国メディアが洗浄薬品を調査した結果、第1級の発がん性物質を検出
  • 乗客が薬品に触れていた可能性が指摘され、大韓航空は改めて機内を掃除した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x