「京ことばには、耳に流れてくる優雅さには似合わない〈毒舌針〉が仕込まれている――」京都在住60年、巧妙かつ恐ろしい言語戦略と、はんなり優雅な物腰が同居する「京都ジン」を見聞きし、体験してきた文筆家の大淵幸治氏が、本格的「京ことば」について解説します。本記事は「お茶もださんと」「そない気ィ遣わんとカネ使こて」の意味を探ります。【お茶もださんと】京都ジンの逆説的表現は多々あって、例の「考えとく/考えるわ