世界を震撼させたE・スノーデンの告白以降、政府による監視社会への懸念が強まっている。あらゆるものがネットにつながる「IoT時代」に、その監視はいっそう強化されるかもしれない。自由か、安全か。テクノロジーがもたらす“パワー”に、ぼくらはいかに向き合うべきか?「IoTがスパイに与えた「第7の力」と、監視社会の新しいパラダイム」の写真・リンク付きの記事はこちらウェブこそ、あらゆる諜報機関が求めてきた最大のギフト