『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、芸人のゆにばーす・はらが登場し、「自分を盛りすぎた結果キスをしたこともない先生」としてしくじり授業を行った。

【映像】ファーストサマーウイカ、胸の谷間は「アイライナーで書いた」(19分ごろ〜)

 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”には平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、タレントのファーストサマーウイカが出演。

 身長151cm、体重64kg、バストサイズは「橋本マナミと同じGカップ」というはら。詐欺まがいのメークで一躍話題になったが、そんなはらのしくじりは「自分を盛りすぎて15年間彼氏ができない」ことだった。

 詐欺メークのビフォーアフターを公開すると、出演者からは「かわいい!」と高評価。「メークと角度で盛ってます」「なるべく顎を長く見せないように手を添えたり」と、小技がたくさんあると解説した。

 はらは自分をよく見せようとする前は1度だけ彼氏ができたが、盛り出してからはずっと彼氏がいない。キスは仕事で1度だけしたことはあるものの「プライベートではしたことがない」と告白した。

 映画のようなドラマチックな恋に憧れていた中学生時代のはら。クラスの中でもイケてるグループにいたため「自分は学校の中で”上”にいる」「中学校では5本の指に入る」と思っていたという。

 1度だけできた彼氏は、この中学生時代につきあった人で、相手は野球部のイケメンエースだった。小学生の頃から好きで、小学6年生のときに振られているが、中学校に上がって再度告白したらOKをもらえたという。

 しかし、この彼との交際はわずか28日で終わりを迎える。はらは「今より自分をよく見せて見返してやる!」と固く決意したが、これがしくじりの入り口となってしまったのだった。
(「しくじり先生 俺みたいになるな!!」より)