決して彼が嫌いなわけじゃないんだけれど、彼と一緒にいると無意識に黒い感情が出てくることってありませんか?
その瞬間「私ってこんなに性格が悪かったっけ?」と自分自身に引いてしまうことも……。
そこで今回は「自分の心の狭さがイヤになった瞬間【彼氏編】」をご紹介します。

彼氏が家に来ると金銭面が気になる

「彼は度々うちに遊びに来るのですが、最近水道代や食費が気になるように。『お願いだからシャワーそんなに使わないで』と考えてしまう私は心が狭いのかな……」(30代/会社員)

▽ 最初のうちは彼も気を使うのでしょうが、だんだん彼女宅でも我が家のようにリラックスしてきます。そして自分の家以上に、ものの使いかたが荒くなる場合も……。
節約を頑張っている女性からすると、ちょっと腑に落ちませんよね。かといって指摘するとケチだと思われそうだし、だんだん彼を家に呼ぶのがイヤになってきます。

見返りを求めてしまう

「彼氏が『ずっと好きだよ』と言ってくれるのは嬉しいんだけど……。『だったら私が喜ぶことをしてほしいんだけど』と、見返りを求めてしまう自分がいる。性格が悪くてイヤになります」(20代/住宅)

▽ 彼が甘いセリフを言ってくれているのに、内心「じゃあ、いつになったら結婚してくれるの?」とか「でも誕生日に何もプレゼントしてくれなかったよね」など、とっさに見返りを求めてしまうこと。だんだん自分が計算高くてイヤな女に思えてきます。
でも彼が口だけだと、行動に移してほしいのは当たり前。ケンカ腰に言うのではなく、やんわり指摘できるといいですよね。

彼氏の多忙話を「そんなことで?」と思ってしまう

「彼は『忙しい』が口癖で、自分がどんなに大変な役目を担っているか語ってくる。でも、ぶっちゃけ私の職場の男性のほうが何倍も忙しそう。内心『そんなことで自慢しないでよ……』と冷めた目で見てしまう」(20代/営業事務)

▽ 毎度多忙話をする男性って、少なからず「彼女より俺のほうが忙しいだろう」と見下している部分があるはず。だから「俺ってこんなに大変!」「頑張っている俺すごいでしょ?」とアピールできるのでしょう。
でも女性も言わないだけで多忙ですし、どんな重圧にも弱音ひとつ吐かない男性をたくさん見てきています。彼が忙しいアピールをするたびに、なぜかこっちが恥ずかしくなるのです。

割り勘なのに多く食べる彼にイライラ

「彼とはほぼ割り勘なのですが、毎回私より多く食べている。男性だし仕方ない部分はあるだろうけれど、『じゃあ少し多めに払ってくれてもいいんじゃない?』とモヤモヤしちゃいます」(30代/接客)

▽ 自分が食べた分は自分が払って当たり前! そう思ってはいるものの、彼のほうが多く食べているのなら、割り勘はおかしいんじゃない? と不満を持つことも。
でも割り勘が定着していると、切り出すには勇気がいりますよね。「これって私の心が狭いの? それとも彼の配慮が足らないの?」と、デートのたびに悩むことに。